易しい税金講座

国外財産調書を提出しなければ罰則適用!平成28年から新しい財産債務調書がスタート

  1.国外財産調書制度の適用開始 居住者でその年12月31日において、5千万円を超える国外財産を所有する方は、翌年3月15日までに必要事項を記載した「国外財産調書」を所轄の税務署長に提出する義務があります。も […]

Read more

妻が上場株式の配当を確定申告した場合の配偶者控除

専業主婦です。亡くなった父から相続した上場株式の配当が毎年30万円ほどあります。入金時に20%強の税金が差引かれますが、確定申告をすれば戻って来ると聞きました。一方で、妻が確定申告をすると夫の配偶者控除が受けられなくなる […]

Read more

米国財務省証券(T-Bond)を売却した場合の確定申告

アパートの建替え資金として、手持ちのT-Bond(6万ドル)をH26年末に売却しました。偶々此の処の円安で為替差益が出ており、証券会社から確定申告が必要と言われました。元々は米ドル預金で持っていましたが、円高により為替評 […]

Read more

償却資産申告書に関するご質問

中小法人の経理を担当しています。毎年この時期に償却資産申告書を作成していますが、少額償却資産については固定資産税の課税対象から外れると理解して居ります。従ってこれまで一時償却していた資産については全て対象から外していまし […]

Read more

夫婦の共有財産である自宅の売却と買換え

郊外の自宅を売却して、都内への買換えを予定しています。自宅の売却見込み額は約1億円です。70年代に地主から2千万円で買った土地に、3千万円を掛けて注文住宅を建てたもので、これまで2回ほど改築を行っています。所有権は土地建 […]

Read more

賃貸マンションやアパート建設による相続税対策のデメリット

このところ、首都圏の住宅地価がやや反転傾向にあります。 尤もマクロ的に見れば、高齢化や人口減少による需給の悪化は避けられそうもないので、好調も精々2020年の東京オリンピックまでと言われています。 ところで、アパート建設 […]

Read more

取得費が分からない不動産を売却して何も対策を講じないと、殆んど譲渡利益にされてしまいます

“取得費不明の不動産の譲渡所得?それなら簡単。概算取得費控除の規定を使って、売却価額の5%を取得費とし、これに仲介手数料や境界確定に要する測量費等の譲渡費用を出せば直ぐに計算できる”と言う論旨明快な税理士さんが殆どかも知 […]

Read more

純金の仏像・仏具が相続税対策になるとの思い込み

相続増税を控えて、全国紙が相次ぎ「金の仏像・仏具、相続税対策で脚光」との見出しで、純金の仏像や仏具を買い求める顧客が増えていると報じています。同時に、過度に高額な商品や、投資・骨董目的の場合は課税されることが有るとの警鐘 […]

Read more

平成27年税制改正で子供版NISAを創設、一般NISAも非課税枠拡大

  先に行われた総選挙は、事前の予想通り自公与党連合の圧勝に終わりました。これを受け安倍首相は、アベノミクスが国民の信任を得たとして、円安対策や個人消費喚起に重点を置く経済対策を年内に纏める方針を明らかにしてい […]

Read more

米国に所有する不動産売却益や賃貸収入の申告についてのご相談

所得税の確定申告時期が、近付いて参りました。昨年から国外財産調書を出しており、今年度も提出の予定です(出さないと罰則があるそうなので)。ところが、これまで米国に所有する不動産(1件は自己使用、1件は賃貸)に関連した日本で […]

Read more