易しい税金講座

アパートや駐車場の敷地に小規模宅地等の特例を適用する場合の留意点

小規模宅地等の特例は、被相続人等の居住の用に供されていた宅地等の他に、事業の用に供されていた宅地等にも適用があります。事業用は貸付事業用と貸付事業用以外の事業用とに区分され、両者で適用要件や評価割合が異なります。これはア […]

Read more

アパート建設の長期家賃保証でトラブル/ サブリース契約の理解とリスク分析が不十分では?

先日全国紙に、「家賃保証トラブル多発」「30年保証/破られた口約束」との見出しで、サブリース(業者の一括借入)による30年家賃保証に魅かれてアパート経営に乗り出した大家から、トラブルの訴えが相次いでいるとの記事が掲載され […]

Read more

相続財産が未分割の場合の配偶者の相続税額軽減や小規模宅地等の特例に付いてのご相談

主人が亡くなってから3年8カ月が過ぎました。相続財産は自宅及び生命保険金・死亡退職金・金融資産を併せて時価で2億円程です。法定相続人は私と娘2人ですが、種々事情が有ってこれまで遺産分割をしておらず、相続税の申告書も出して […]

Read more

相続により取得した賃貸不動産の減価償却費計算に関するご質問

サラリーマンです。去る4月20日に母が亡くなり賃貸マンション(12室)の経営を引き継ぐことになりました。8月には母の不動産所得の準確定申告、来年3月には私の確定申告をしなければなりません。相続で取得した不動産については、 […]

Read more

被相続人の居住用家屋等を譲渡した場合の3千万円特別控除(空き家に係る譲渡所得の特例)

平成28年度税制改正で「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例制度」が創設されました。被相続人が居住していた家屋とその敷地を、相続により取得した個人が譲渡した場合は「居住用財産を譲渡した場合の3千万円特別控除」が受けられる […]

Read more

平成29年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

29年度税制改正のうち法人税関連は、大規模法人向け中心になりましたが、簡単にその内容をご説明します。 1.法人税確定申告書の提出期限の延長の特例 法人税の確定申告と納付は事業年度終了の日の翌日から2か月以内と定められてい […]

Read more

店舗併用住宅の売却に係る3千万円特別控除と軽課税率の適用に関するご相談

理容業を営んでおります。老後の資金対策として自宅の売却を考えています。因みに自宅は築40年の店舗併用の戸建てです。店舗付きの場合、店舗部門の面積が10%未満の場合しか3千万円控除が受けられないと聞いています。それならば店 […]

Read more

居住用と事業用に併用されている共有不動産を譲渡した場合の3千万特別控除

今シーズンも共有不動産売却に伴う税務申告のご依頼が何件か有りました。親子で共有しているが親世帯(又は子世帯)だけが住んでいるケースとか、相続で兄弟が取得したが長期間空き家になっているケース等、3千万円特別控除の適用につい […]

Read more

住宅ローンなしでマイホームを取得しても特別税額控除の適用が受けられる場合がある

住宅の購入・新築・増改築・リフォーム工事をした場合には、先ず住宅ローン控除の適用が頭に浮かびます。ところが親から相続した実家の売却代金で新築マンションを購入した場合など、住宅ローンを使わないことがあります。こうした場合に […]

Read more

賃貸併用住宅に係る住宅ローン特別控除の確定申告のご相談

昨年の春、所有地(母と私で各2分の1を共有)に4階建ての賃貸マンションを新築しました。4階部分は家族の居住専用フロアーです。約2億円の銀行借入金が有りますので、住宅ローン控除のための確定申告をしたいと思います。賃貸併用住 […]

Read more