易しい税金講座

平成27年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成27年度の税制改正は、法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針により、法人実効税率を段階的に20%台迄引下げる道程が示され、この代替財源として、外形標準課税の適用拡大ほかの施策が実施されました […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。われわれ税理士も判断に迷うことが少なくありません。ところが相続では財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大変なことになります。若し間違えて申告す […]

Read more

小規模宅地等の特例を受けるため無理に自宅を処分して”家なき子” になる必要はない

母親が実家の一戸建てに一人暮らしだが、自分はマンションを買って家族で住んでいる。若し相続が発生すると、所謂”家なき子”には該当しないため小規模宅地等の特例の適用が受けられず、多額の相続税が発生する惧れがある。どうしたもの […]

Read more

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用される

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more

国外財産調書を提出しなければ罰則適用!平成28年から新しい財産債務調書がスタート

  1.国外財産調書制度の適用開始 居住者でその年12月31日において、5千万円を超える国外財産を所有する方は、翌年3月15日までに必要事項を記載した「国外財産調書」を所轄の税務署長に提出する義務があります。も […]

Read more

妻が上場株式の配当を確定申告した場合の配偶者控除

専業主婦です。亡くなった父から相続した上場株式の配当が毎年30万円ほどあります。入金時に20%強の税金が差引かれますが、確定申告をすれば戻って来ると聞きました。一方で、妻が確定申告をすると夫の配偶者控除が受けられなくなる […]

Read more

米国財務省証券(T-Bond)を売却した場合の確定申告

アパートの建替え資金として、手持ちのT-Bond(6万ドル)をH26年末に売却しました。偶々此の処の円安で為替差益が出ており、証券会社から確定申告が必要と言われました。元々は米ドル預金で持っていましたが、円高により為替評 […]

Read more

償却資産申告書に関するご質問

中小法人の経理を担当しています。毎年この時期に償却資産申告書を作成していますが、少額償却資産については固定資産税の課税対象から外れると理解して居ります。従ってこれまで一時償却していた資産については全て対象から外していまし […]

Read more

夫婦の共有財産である自宅の売却と買換え

郊外の自宅を売却して、都内への買換えを予定しています。自宅の売却見込み額は約1億円です。70年代に地主から2千万円で買った土地に、3千万円を掛けて注文住宅を建てたもので、これまで2回ほど改築を行っています。所有権は土地建 […]

Read more

自宅不動産の含み損失を取り戻す目的で所得金額が多い在職中に住み替えるメリットは?

90年代以降にお家を買われた方は、残念ながら過半が含み損を抱えて居られると思います。一方、昨今の節税ブームで、”住宅ローンが残っていれば居住用不動産の売却損を給与所得その他から控除出来る” と言う […]

Read more