易しい税金講座

住宅ローンなしでマイホームを取得しても特別税額控除の適用が受けられる場合がある

住宅の購入・新築・増改築・リフォーム工事をした場合には、先ず住宅ローン控除の適用が頭に浮かびます。ところが親から相続した古家を処分して新築マンションを購入した場合などは、住宅ローンを使わないことが少なく有りません。こうし […]

Read more

賃貸併用住宅に係る住宅ローン特別控除の確定申告のご相談

昨年の春、所有地(母と私で各2分の1を共有)に4階建ての賃貸マンションを新築しました。4階部分は家族の居住専用フロアーです。約2億円の銀行借入金が有りますので、住宅ローン控除のための確定申告をしたいと思います。賃貸併用住 […]

Read more

従業員持株会から引き出した上場株式の譲渡所得に係る確定申告のご相談

勤務先(上場企業)の持株会で取得した株式を上手く高値で処分出来ました。ところで先生のHP「Q&Aコーナー」の「持ち株会で取得した株式の譲渡所得に関連するご質問」の回答中に ”例外的に、社員持株会から引出したときの名義書換 […]

Read more

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

アメリカに在る不動産を譲渡した方から所得税の確定申告と外国税額控除に付いてのご相談

友人(米国人)と共同所有するハワイ州の不動産(居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲインとして、売 […]

Read more

やはり出されたタワーマンション利用の節税規制

人気のタワーマンションですが、眺望が良い高層階の価格は低層階の1.5倍以上と言われています。ところが相続財産評価の基になる固定資産税評価額は階層に拘らず専有部分面積割で算出されていました。これを利用した相続税対策が富裕層 […]

Read more

役員退職慰労金はこう決める

役員に対する退職慰労金の支給については、法務上と税務上の制約があります。これ等をしっかりと押さえて、実務に対処する必要があります。 1.法務に関する制約 役員退職慰労金の支給は、定款で支給金額が確定しているもの(確定して […]

Read more

消費税で中小事業者のトラブル原因になり易い3つの選択適用

消費税は実に簡単な税目です。会計記録さえ正しく付けて置けば、いとも容易に申告書が出来上がります。にも拘わらず、税理士職業賠責任保険の税目別事故件数はダントツの1位です。何故でしょうか?私には良く分かりませんが、殆んど同じ […]

Read more

平成21年又は平成22年に取得した土地を譲渡すると1千万円特別控除が受けられる

不動産市況が不冴えの頃に創設されたパッチワーク的な制度なので、ご存じない方も居られると思いますが、「平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1千万円特別控除」が平成27年の譲渡から適用開始になりました。特 […]

Read more

中国に所有する自己居住用マンションの売却は、中国在住時或いは日本へ帰国後の何れで行う方が有利かとのご質問

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、日本での所得税申告は売却時点(売買契約書の日付)で日 […]

Read more