中小法人・個人事業者の税務

平成31年度税制改正 個人事業者の事業承継税制はどの様なケースに利用できるか

平成31年度税制改正大綱で、新たに創設される「個人事業者の事業用資産に係る相続税・贈与税の納税猶予制度」の概要が明らかになりました。 認定相続人が、平成31年1月1日から平成40年12月31日までの間に相続又は遺贈により […]

Read more

2018年の新会計基準導入とそれに伴う法人税改正 中小法人が抑えるべきポイント

我が国では企業会計原則に、「売上高は実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限り計上する」と定められているのみで、収益認識に関する包括的な基準が存在しません。一方IASBやFASB等海外の会 […]

Read more

グループ法人課税は連結納税制度と異なり中小企業を含む全ての法人に強制適用される

多くの中小企業経営者が、大手企業が選択適用している連結納税制度の様に面倒なグループ内取引の税務調整とは無関係とお考えだろうと思います。ところが平成22年度税制改正で、資本金規模に拘らず100%支配グループ内の法人取引につ […]

Read more

配偶者控除制度の改正に伴う源泉徴収と年末調整についてのご相談

資本金2百万円の飲食業を営む有限会社です。平成29年の税制改正で配偶者控除制度が大幅に変更されたそうですが、複雑で良く分からないため配偶者がいる社員については昨年と同様に源泉徴収をしています。此のまま年末調整を迎えると、 […]

Read more

役員の定期同額給与の改訂並びに役員賞与の支給に関するご相談

貴金属製品の販売・修理を営む資本金1千万円の株式会社(9月決算)です。役員は私と妻、母の3人です。お蔭様でこの処売上が好調で資金繰りにも余裕が出来たため、5月から妻と母の月額報酬を15万円増額して支給して居ります。冬には […]

Read more

平均功績倍率による高額な役員退職慰労金の更正処分、裁判の論点は?

法人が退職した役員に対して支給する退職給与の額が、①その法人の業務に従事した期間 ②退職の事情 ③同業類似法人の支給状況 に照らして相当と認められる金額を超える場合には、その超える部分の金額は損金の額に算入されません(法 […]

Read more

消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をする場合の留意点

税理士事務所と顧客が受託義務責任に係る損害賠償請求を巡って争うなど在ってはならぬことですが、現実には少なからず有る様です。特に多いのが消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をしたにも拘らず、所与の仕入 […]

Read more

平成30年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成30年度の法人課税に関する改正は、比較的小粒なものになりました。その中で注目すべきは、安倍内閣が5年越しに掲げてきた最重要課題としての「デフレ脱却と経済再生」施策の一環としての賃上げ・生産性向上のための税制改正です。 […]

Read more

取引先の倒産で売掛金が回収できなくなった個人事業主の方から事実上の貸倒れ損失処理のご相談

商業デザイン業を営む個人事業主です。青色申告の承認を受けています。大口納品先であるA社が昨年9月に突然倒産し、2百万円の焦げ付きが発生しました。倒産以降に回収できた金額は1円も有りません。間もなく所得税の確定申告が始まり […]

Read more

事業承継税制が10年間限定の特例制度創設により使い勝手が良くなった

平成30年度税制改正で、現行の事業承継税制に10年間限定の特例制度(非上場株式等に係る贈与税・相続税の納税猶予の特例制度の特例)が設けられました。 特例後継者が、特例認定承継会社の代表権を有していた者から、贈与又は相続若 […]

Read more