中小法人・個人事業者の税務

欠損金の繰戻し還付制度についてのご質問

資本金1千万円のITコンサルティング業を営む株式会社です。黒字基調ですが、今後の事業拡張のため積極的な設備更新投資を行なった結果、今期は欠損金が生じることになりました。中小法人については、欠損金の繰戻し還付が認められるそ […]

Read more

平成29年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

29年度税制改正のうち法人税関連は、大規模法人向け中心になりましたが、簡単にその内容をご説明します。 1.法人税確定申告書の提出期限の延長の特例 法人税の確定申告と納付は事業年度終了の日の翌日から2か月以内と定められてい […]

Read more

企業版ふるさと納税は、もう一工夫がないと普及しないのでは?

平成28年の税制改正で、4月1日から企業版ふるさと納税制度(地方創生応援税制)が導入されしました。 ”志のある企業による地方創生への貢献”との崇高なる理念のもと、個人版ふるさと納税の人気にあやかって類似名称でスタートさせ […]

Read more

平成28年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成28年度の税制改正も、前年と同様に法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針の下、法人実効税率の20%台への引下げが1年前倒しで実施され、この代替財源として課税ベースの拡大と外形標準課税の適用範 […]

Read more

役員退職慰労金はこう決める

役員に対する退職慰労金の支給については、法務上と税務上の制約があります。これ等をしっかりと押さえて、実務に対処する必要があります。 1.法務に関する制約 役員退職慰労金の支給は、定款で支給金額が確定しているもの(確定して […]

Read more

消費税で中小事業者のトラブル原因になり易い3つの選択適用

消費税は実に簡単な税目です。会計記録さえ正しく付けて置けば、いとも容易に申告書が出来上がります。にも拘わらず、税理士職業賠責任保険の税目別事故件数はダントツの1位です。何故でしょうか?私には良く分かりませんが、殆んど同じ […]

Read more

同族会社が気を付けねばならない3つの制度

同族会社では特定の株主の意向が経営に反映されるため、他には見られない経済合理性のない租税回避行為が行われることがあります。これを規制する目的で、同族会社にだけ適用される3つの規定が設けられています。 1.同族会社の意義 […]

Read more

中小企業者に認められる所得拡大促進税制 (使用人給与の支払が増加した場合の税額控除)

青色申告法人が国内事業所に勤務する雇用者に支払う給与等が、基準事業年度支給額の3~5%以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は3%)増加する場合には、増加する金額の10%相当額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度の […]

Read more

中小企業者に認められる雇用促進税制(雇用者数が増加した場合の税額控除)

青色申告法人の期末雇用者数が、前期末に比べて5人以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は2人以上)且つ10%以上増加している場合には、基準雇用者数に40万円を掛けた金額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度のご説明を […]

Read more

同族会社の親族に対する給与が調査で問題にされたとき

同族会社の親族に対する給与支払には、損金性の判定が微妙なものが少なくありません。従って、税務調査でも対象にされ易い項目です。問題になるのは、①役員・使用人としての職務や勤務の実態がない、②職務内容からして不相当に高額と判 […]

Read more