易しい税金講座

賃貸マンションやアパート建設による相続税対策のデメリット

このところ、首都圏の住宅地価がやや反転傾向にあります。 尤もマクロ的に見れば、高齢化や人口減少による需給の悪化は避けられそうもないので、好調も精々2020年の東京オリンピックまでと言われています。 ところで、アパート建設 […]

Read more

平成27年税制改正で子供版NISAを創設、一般NISAも非課税枠拡大

  先に行われた総選挙は、事前の予想通り自公与党連合の圧勝に終わりました。これを受け安倍首相は、アベノミクスが国民の信任を得たとして、円安対策や個人消費喚起に重点を置く経済対策を年内に纏める方針を明らかにしてい […]

Read more

アメリカに所有する不動産売却益や賃貸収入の申告についてのご相談

所得税の確定申告時期が、近付いて参りました。昨年から国外財産調書を出しており、今年度も提出の予定です(出さないと罰則があるそうなので)。ところが、これまで米国に所有する不動産(1件は自己使用、1件は賃貸)に関連した日本で […]

Read more

遺産分割協議書の捺印後に疑問や不信が出てきた方からのご相談

亡くなった父の遺産分割と確定申告を昨年行いましたが、遺言執行人である弁護士や提携税理士の説明に納得が行きません。どうすれば良いか、御意見を頂戴出来ないでしょうか? 先日、スポット相談のお客様が見えられました。ざっと、こん […]

Read more

不動産賃貸事業の法人化 その②

<不動産所有会社設立の具体的手続きはどうする?> ①株式会社の新設 賃貸不動産を移転する先として、株式会社を設立します。定款認証・設立登記申請・税務署等への届出と申請・労基署等への届出・社会保険の加入手続きなどが必要です […]

Read more

同一敷地内に親子の居住用家屋が別々に2棟建っている場合の小規模宅地等の特例適用に関するご質問

都内に高齢の母名義の宅地が2筆あります。隣り合わせの宅地で、1筆には母(独居)の居住用家屋が、もう1筆には長兄家族の居住用家屋が建っています。長兄の居住用家屋は長兄の所有で、母への借地料支払はありません。相続人は、長男の […]

Read more

不動産賃貸事業の法人化 その①

安倍政権の成長戦略の一環として、法人に対する実効税率の軽減策が更に進められる様です。現在3千万円程度の貸家収入がありますが、所得税の負担が大きいので法人化を検討したいと思います。但し不動産管理会社の設立では税務署から問題 […]

Read more

個人事業者が法人成りした場合の消費税の納税義務に関するご質問

飲食業を営む個人事業者です。売上高は税込で3千万円弱なので、毎年消費税の確定申告・納税が大変です。アベノミクスにより、今後更に個人負担増・法人負担減の傾向が加速する様に思われますので、適当な時期に法人成りをしたいと思いま […]

Read more

相続税の期限内申告書を提出しなかった方から小規模宅地等の特例適用に関するご相談

1年前に父が亡くなりました。相続財産は、都内にある自宅(地積40坪の古い一戸建て)と3千万円程の現預金並びに上場株式です。自宅その他、遺産の大部分は母が相続しました。小規模宅地等の特例の適用を受ければ、遺産総額が基礎控除 […]

Read more

相続時精算課税制度を利用したアパートの贈与についてのご相談

アパートを所有しています。娘に生前贈与すれば、相続税対策以外に娘夫婦の生活の足しにもなると思います。どの様にすれば、税金が安くて済むかアドバイスをお願いします。 相続税対策の基本は生前贈与です。毎年子や孫に110万円ずつ […]

Read more