所得税(金融商品の税務)

上場株式等の売買損益を確定申告すると国民健康保険料との兼合いで不利になる場合がある

厚生労働省は2018年度から国民健康保険料の負担上限額を4万円引上げ、77万円にすることを決定しました。国保加入者については、上場株式等の配当や売買損益を住民税で確定申告すると保険料が増えることがありますので、税負担減と […]

Read more

上場株式配当の総合課税による確定申告に付いてのご相談

75歳の年金生活者です。年収は公的年金が300万円、上場株式の配当が60万円と言った処です。上場株式配当については、これまで源泉分離課税で何もせずに済ませて来ました。先生の記事を拝見し、総合課税を選択して確定申告をしよう […]

Read more

平成30年のNISA制度変更にはどう対応すれば良いか?(積立NISAの創設/口座移管に係る金額制限廃止)

現在の非課税上場株式等管理契約に係る非課税措置(現行NISA)に加えて、非課税累積投資契約に係る非課税措置(積立NISA)が平成30年1月から新たに開始されます。現行NISAは平成26年に創設されましたが、口座開設はした […]

Read more

特定口座でのクロス取引による株式含み損失処理に付いてのご相談

この処、円ドル為替相場や海外の政情不安に起因して、株式市場の値動きが荒くなっています。先行き不透明なのでリスク回避の為、一旦含み益の大きい銘柄は売却して利益を確定し、同時に含み損のある銘柄を処分して直ぐに買戻す所謂クロス […]

Read more

シンガポール在住の方(非居住者)から日本での不動産所得とFX取引利益の確定申告に付いてのご相談

2014年に転出し、現在はシンガポールに在住しています。日本で不動産を賃貸していますが、減価償却費差引きの所得金額は僅かです。知り合いの税理士さんに確定申告の相談をしても、まぁ良いんじゃないと言った対応でした。家賃収入は […]

Read more

消費税率引上げ延期に伴い住宅ローン控除と住宅取得資金贈与非課税の金額上乗せが2年半延長されます

消費税率が10%に引上げられた場合、当然ながら住宅の取得にブレーキが掛ります。 この反動減対策として住宅ローン控除制度(所得税)では、平成31年6月30日までに居住の用に供した特定取得の住宅について、10年間合計で500 […]

Read more

従業員持株会から引き出した上場株式の売却益に係る確定申告のご相談

勤務先(上場企業)の持株会で取得した株式を上手く高値で処分出来ました。ところで先生のHP「Q&Aコーナー」の「持ち株会で取得した株式の譲渡所得に関連するご質問」の回答中に ”例外的に、社員持株会から引出したときの名義書換 […]

Read more

投資信託の分配金受取り時と売却時の会計処理・税務

公募型投資信託に係る会計処理、とりわけ「定期分配型の投資信託」や「自動継続の再投資型投資信託」の会計処理・税務は、個人事業者であると法人であるとを問わず難解で、会計担当者を悩ませている様です。 今回は、幣事務所の顧問先で […]

Read more

国外財産調書を提出しなければ罰則適用!平成28年から新しい財産債務調書がスタート

  1.国外財産調書制度の適用開始 居住者でその年12月31日において、5千万円を超える国外財産を所有する方は、翌年3月15日までに必要事項を記載した「国外財産調書」を所轄の税務署長に提出する義務があります。も […]

Read more

妻が上場株式の配当を確定申告した場合の配偶者控除

専業主婦です。亡くなった父から相続した上場株式の配当が毎年30万円ほどあります。入金時に20%強の税金が差引かれますが、確定申告をすれば戻って来ると聞きました。一方で、妻が確定申告をすると夫の配偶者控除が受けられなくなる […]

Read more