所得税(不動産の譲渡及び貸付)

節税効果がなくなった海外中古不動産の処分と国内賃貸事業の法人化に関するご相談

海外中古建物の減価償却費を使った節税プランの策定及び申告実務に就いては大変お世話になって居ります。国税庁の規制導入など有りましたが、無事に4年が経過し当初の節税プランを達成することが出来ました。個人的には一昨年上場会社役 […]

Read more

日本国籍でオーストラリア永住権をお持ちの方が、日本帰国後に現地の所有不動産を売却した場合の所得税課税に就いてのご相談

2005年に結婚を機にオーストラリアに移住して、2018年11月迄現地に住んでいました。国籍は日本ですが、2022年10末まで有効な永住権を保有しています。諸般の事情で2018年11月に一時帰国し、その後は医療従事者とし […]

Read more

日本の永住権をお持ちの方から中国に在る不動産の売却又は贈与に係る税金のご相談

初めまして当方は東京都在住、36歳で日本の永住権を保有している中国人です。幼少期より日本で育ち現在は日本の大手企業に勤務しております。両親も日本の永住権があり此れ迄日本中心の生活でしたが、現在は日中両国を行き来しておりま […]

Read more

<緊急>海外不動産の譲渡等に係る外国所得税の減額が有った場合は外国税額控除の調整申告を怠ると更正処分の対象になります

確定申告業務の繁忙時期が到来しました。令和3年分の確定申告では米国不動産の高騰や円安に起因して、海外不動産の譲渡に係る確定申告のご依頼が多く寄せられましたが、これに関連した特有の問題が令和4年分の確定申告で生じている様で […]

Read more

グリーンカード放棄に伴うアメリカの出国税(Expatriation Tax)に関連する日本の所得税申告及び外国税額控除に就いてのご相談

60才になるIT関連企業の役員です。米国在勤中にグリーンカードを取得し、5年前に帰国後も継続保有しています。CA州に所有する居住用家屋は賃貸中で、米国居住者としての所得税申告は適正に行っています。一方日本での不動産所得の […]

Read more

アメリカに所在する不動産の賃貸や譲渡に係る米国所得税の申告について

富裕層の資産運用や節税のための米国不動産投資が人気です。日本の居住者がアメリカに所在する不動産を賃貸若しくは譲渡をした場合は、日米両国に於いて申告納税義務が発生します。二重課税が生じると、日本の所得税申告で外国税額控除の […]

Read more

期限後申告による還付請求可能期間に注意 ー5年後の3月15日には請求権が失効しています

現在進行形の事案です。依頼者は商社にお勤めの方で、NY在勤中に賃貸用マンションを購入され、5年前に帰国後も賃貸を継続して居られます。この不動産所得に就いては、米国側で適正に申告しているものの日本では無申告です。因みに直近 […]

Read more

取得費不明の土地や上場株式の譲渡に係る国税不服審判所の重要裁決と納税者が今後取るべき方策

相続等で親から継承した取得費不明の土地や上場株式の譲渡に係る確定申告は納税者のみならず税理士にとっても厄介です。5%の概算取得費控除を使うのは論外ですが(強制適用される場合もあります)、さりとて曖昧な推計取得費で申告して […]

Read more

中国に在る不動産を譲渡された方から日本の所得税の確定申告のご相談

日本の永住権を持つ中国籍の主婦です。昨年上海市に在るマンションを売却しました。私の親族が居住の用に供していたもので、所有期間は10年です。中国での申告及び納税は既に終わっていますが、先般所轄の税務署から日本での確定申告が […]

Read more

英国にお住まいで日本の留守宅を法人に賃貸されている方から、日本での源泉徴収の免除手続きについてのご相談

対象物件は都内のマンションで、10年程前に自己居住用に購入したものです。現在は法人への賃貸で、それ以前は短期間の空室、更にそれより前は個人に賃貸をしていました。これについての申告は行っていません。先生のHP記事を拝見し、 […]

Read more