易しい税金講座

賃貸用不動産の建設費に係る消費税還付スキームで税務当局が何を問題にしているのか

最近の税務業界誌に、”賃貸住宅用不動産購入の消費税還付スキーム、規制後に於ける否認リスクとは” と題する興味深い記事が掲載されました。本テーマは私共の事務所が注力している処であり、実際に選択一期目と二期目の合計で数千万円 […]

Read more

一時的な空室になっているアパートや貸家の相続税評価額に関するご質問

この3月に父が亡くなりました。相続財産中に部屋数15室の賃貸マンションがあります。その内2室が相続発生時には空室でした。空室部分については貸家や貸家建付け地の評価減が受けられないそうですが、募集中で一時的な空室であれば認 […]

Read more

平均功績倍率による高額な役員退職慰労金の更正処分、裁判の論点は?

法人が退職した役員に対して支給する退職給与の額が、①その法人の業務に従事した期間 ②退職の事情 ③同業類似法人の支給状況 に照らして相当と認められる金額を超える場合には、その超える部分の金額は損金の額に算入されません(法 […]

Read more

消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をする場合の留意点

税理士事務所と顧客が受託義務責任に係る損害賠償請求を巡って争うなど在ってはならぬことですが、現実には少なからず有る様です。特に多いのが消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をしたにも拘らず、所与の仕入 […]

Read more

新設の法定相続情報証明制度を使えば各種の相続手続きが格段に簡単

平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書の添付書類として、法定相続情報一覧図の写しが使える様になりました。法定相続情報証明制度そのものは既に平成29年5月29日からスタートしていますが、今回相続税の申告にも使える様に […]

Read more

海外不動産の相続税財産評価額はどう算定すれば良いのか?

海外不動産に係る相続税の申告漏れが多い様です。ところで海外不動産の相続税評価額はどう算定すれば良いのでしょうか。また小規模宅地等の特例に拠る評価減は認められるのでしょうか。今回はこの辺りに付いてご説明します。 1.海外不 […]

Read more

相続税の税務調査の現状について

相続税の確定申告で税務調査が入る確率はどの程度あるのか、何時ごろ税務調査が入るのか、どの様な種類の相続財産に否認が出易いのか等に付いては税理士ならずとも知りたい処です。 今回は東京税理士主催の研修会での講義内容や配布資料 […]

Read more

住宅ローン特別控除の適用を受けていた自宅の譲渡に係る3千万円特別控除のご相談

45歳のサラリーマンです。子供達の成長に合せてもう少し広いマンションへの買換えを検討中です。現在の自宅は7年前に購入したもので、取得以降継続して住宅ローン控除の適用を受けています。買換えに伴い1千万円程度の売却益が出る見 […]

Read more

平成30年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成30年度の法人課税に関する改正は、比較的小粒なものになりました。その中で注目すべきは、安倍内閣が5年越しに掲げてきた最重要課題としての「デフレ脱却と経済再生」施策の一環としての賃上げ・生産性向上のための税制改正です。 […]

Read more

取得費不明の不動産譲渡に係る確定申告に付いてのお問合せ

亡くなった父から相続に由り取得した不動産を売却しましたが、宅地の購入金額が分かりません。全部事項証明書を見ると昭和50年7月売買に拠り取得とありますが、肝心の売買契約書が見当たりません。建物は建築請負契約書が残っていまし […]

Read more