相続税&贈与税

アメリカに所有する不動産に係る米国遺産税の申告について

富裕層の資産運用や節税のための米国不動産投資が人気です。兎角、不動産所得や譲渡所得の申告に関心が行きがちですが、投資家に相続が発生した場合に米国での遺産税申告や日本の相続税申告がどうなるかも理解して置く必要があります。こ […]

Read more

二世帯住宅にお住まいの方から小規模宅地特例の適用についてのご相談

母と私ども家族は都内に在る二世帯住宅(1Fに母、2Fに私ども家族)に住んでいます。父の存命中に両世帯で資金を出し合い新築したものですが、住宅ローンの関係から区分所有登記(1Fが母所有、2Fが私の夫所有)になっています。因 […]

Read more

特定居住用小規模宅地特例の適用要件のうち”家なき子”に関するご相談

現在海外勤務中のサラリーマンです。私ども夫婦は長男・長女(一人っ子)で、夫々の実家が都内に相応の広さの居住用宅地を所有しています。2~3年以内には帰任することになろうかと思いますが、その際の住居選択の為に”小規模宅地特例 […]

Read more

課税権の期間制限が過ぎてているにも拘らず自ら贈与税を申告納付された親族についてのご相談

先日父が亡くなりました。相続人は母と姉そして私の3人です。姉が作成したワークシートに依れば相続財産の正味価額は60百万円で、此れから生命保険金の非課税額15百万円を引くと基礎控除額以下に納まるため、確定申告の必要なしと言 […]

Read more

遺留分に関する民法(相続法)改正の重要ポイント

遺留分制度とは、生前贈与や遺言により被相続人から特定の者だけに不均衡に財産が贈られた場合、兄弟姉妹以外の相続人に認められる最低限の財産の取り分(遺留分)の取戻しを認める制度です。遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が相続 […]

Read more

一時的な空室になっているアパートや貸家の相続税評価額に関するご質問

この3月に父が亡くなりました。相続財産中に部屋数15室の賃貸マンションがあります。その内2室が相続発生時には空室でした。空室部分については貸家や貸家建付け地の評価減が受けられないそうですが、募集中で一時的な空室であれば認 […]

Read more

税制改正で家なき子と貸付事業用に係る小規模宅地等の特例適用が厳格化された

平成30年度税制改正で、特定居住用宅地等と貸付事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例適用要件の厳格化が図られました。 1.特定居住用宅地等の適用に関する規制 特定居住用宅地等に係る小規模宅地等の特例適用に付いては、(1)当 […]

Read more

平成30年の民法(相続法)改正による重要な変更点 -配偶者居住権/特別寄与料/その他-

平成30年7月の通常国会で民法相続制度の改正案が成立しました。幾つか重要項目が含まれていますが、特に注目すべきは「配偶者居住権制度」と「特別寄与料制度」です。施行日は、自筆証書遺言が平成31年1月13日・配偶者居住権が平 […]

Read more

広大地の評価通達が廃止され地積規模の大きな宅地の評価通達が新設された

平成30年1月1日以降の相続又は贈与から適用される、広い宅地に係る相続税財産の評価通達に関する重要な改正がありました。 Ⅰ.変更前の通達は「広大地の評価通達(24-4)」と呼ばれ、路線価地域に存在する広い宅地ですと35% […]

Read more

税制改正で一般社団法人等を利用した相続税や贈与税対策への規制が強化された

平成30年度税制改正で、一般社団法人等の設立による過度の相続税・贈与税対策が規制されることになりました。 一般社団法人は株式会社などに比べると馴染みの薄い法人組織ですが、着実にその数は増えており、年間1万件近い新規設立が […]

Read more