相続税&贈与税

小規模宅地等の特例の適用可否判定のご依頼

被相続人の死去に伴い遺言により建物、借地権を取得した受遺者について、貸付事業用宅地等として小規模宅地等の特例が適用できるかどうかご教示下さい。状況は大凡次の通りです。 ①被相続人は借地上に建物を建て、一親等内の姻族に賃貸 […]

Read more

生前に多額の親名義の預貯金を子名義の口座に資金移動した方からの相続税確定申告のご相談

昨年8月末に亡くなった母の相続に関して、4月に所轄税務署から「相続税の申告等についてのご案内が」送られて来ました。因みに相続人は私を含む兄弟3人です。相続財産(不動産は有りません)は死亡保険金を含めて4千万円で、48百万 […]

Read more

税務署から「相続税の申告等についてのご案内」が送られてきた場合はどう対応すれば良いか?

父が亡くなくなりましたが、6か月後に税務署から母の許に「相続税の申告等についてのご案内」と「相続税の申告要否検討表」が郵送されてきました。相続人は母と私ども姉妹の3人です。相続財産は基礎控除額の範囲内にほぼ収まる筈なので […]

Read more

親世帯とは生計が別で、区分所有登記がされている二世帯住宅にお住まいの方から小規模宅地等の特例に関するご相談

母と私ども家族は都内に在る二世帯住宅(1Fに親世帯、2Fに子世帯)に住んでいます。父の存命中に両世帯で資金を出し合い新築したものですが、住宅ローンの関係から区分所有登記になっています。因みに母と私ども家族は別生計です。宅 […]

Read more

相続財産が未分割の場合の配偶者の相続税額軽減・小規模宅地等の特例に関するご相談

主人が亡くなってから3年8カ月が過ぎました。相続財産は自宅及び生命保険金・死亡退職金・金融資産を併せて時価で2億円程です。法定相続人は私と娘2人ですが、種々事情が有ってこれまで遺産分割をしておらず、相続税の申告書も出して […]

Read more

相続法制の改正で配偶者の相続分その他の重要事項が変更される可能性があります

法務大臣の諮問機関である法制審議会で、民法(相続関係)の改正作業が進められています。早ければ平成29年中に改正案が提出される可能性があります。民法が変われば、相続税法も当然変わりますので、どの様な変更が検討されているか、 […]

Read more

賃貸マンションの生前贈与に伴う共用部分の評価方法に関するご質問

この度、長女に賃貸用ワンルームマンションを贈与しました。3年前に築20年の物件を650万円で購入したもので、来年3月には贈与税の確定申告をする必要があります。ところでマンションの建物については、専有部分のほかエントランス […]

Read more

リバースモーゲージを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとして取扱金融機関の数も増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思います。 ただ制度の仕組 […]

Read more

賃貸マンションやアパート建設による相続税対策のデメリット

このところ、首都圏の住宅地価がやや反転傾向にあります。 尤もマクロ的に見れば、高齢化や人口減少による需給の悪化は避けられそうもないので、好調も精々2020年の東京オリンピックまでと言われています。 ところで、アパート建設 […]

Read more