易しい税金講座

平成30年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成30年度の法人課税に関する改正は、比較的小粒なものになりました。その中で注目すべきは、安倍内閣が5年越しに掲げてきた最重要課題としての「デフレ脱却と経済再生」施策の一環としての賃上げ・生産性向上のための税制改正です。 […]

Read more

アメリカに在る合有財産権(ジョイント テナンシー)として登記した不動産を賃貸されている方から所得税確定申告のご相談

会社役員です。昨年3月ハワイに在る築25年の高級木造住宅を140万ドルで購入し、5万ドルを掛けリフォームをした後に8月より賃貸を開始しています。130百万円の銀行ローン(私名義)と残余は自己資金で賄いました。全額私が費用 […]

Read more

取引先の倒産で売掛金が回収できなくなった個人事業主の方から事実上の貸倒れ損失処理のご相談

商業デザイン業を営む個人事業主です。青色申告の承認を受けています。大口納品先であるA社が昨年9月に突然倒産し、2百万円の焦げ付きが発生しました。倒産以降に回収できた金額は1円も有りません。間もなく所得税の確定申告が始まり […]

Read more

事業承継税制が10年間限定の特例制度創設により使い勝手が良くなった

平成30年度税制改正で、現行の事業承継税制に10年間限定の特例制度(非上場株式等に係る贈与税・相続税の納税猶予の特例制度の特例)が設けられました。 特例後継者が、特例認定承継会社の代表権を有していた者から、贈与又は相続若 […]

Read more

税制改正で家なき子と貸付事業用に係る小規模宅地等の特例適用が厳格化された

平成30年度税制改正で、特定居住用宅地等と貸付事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例適用要件の厳格化が図られました。 1.特定居住用宅地等の適用に関する規制 特定居住用宅地等の特例の適用可否に付いては、(1)当該宅地等が被 […]

Read more

民法(相続法)の改正内容と配偶者居住権の創設に伴う相続税負担への影響

平成30年7月の通常国会で民法相続制度の改正案が成立しました。幾つかの重要な項目が含まれていますが、特に注目すべきは「配偶者居住権制度」と「特別寄与料制度」です。自筆証書遺言は公布日から6ヶ月以内・配偶者居住権は2年以内 […]

Read more

広大地の評価通達が廃止され地積規模の大きな宅地の評価通達が新設された

平成30年1月1日以降の相続又は贈与から、広い宅地に適用される相続税の財産評価通達が改正されました。 Ⅰ.変更前の通達は「広大地の評価通達(24-4)」と呼ばれ、路線価地域に存在する広い宅地の場合ですと35%~55%の補 […]

Read more

特定口座内の上場株式等譲渡損失を確定申告すると国民健康保険料との兼合いで不利になる場合がある

国保加入者については、上場株式等の配当や売買損益を住民税で確定申告すると保険料が増え不利になることがあります。もし特定口座内で上場株式等の譲渡損失が発生した場合は、所得税と住民税とで異なる課税方式(所得税は申告分離課税/ […]

Read more

オーストラリアに在る不動産を譲渡された方から所得税の確定申告のご相談

今年の8月、豪州のシドニーに在るマンションを売却しました。駐在員時代(1997年)に新築物件を自宅用として購入したものですが、3年程で日本に帰任したためその後は賃貸に出しています。豪州ではforeign resident […]

Read more

中国に在る不動産を譲渡された方から所得税の確定申告(期限後申告)のご相談

昨年上海に在るマンションを売却しました。投資目的で買ったため未入居で、所有期間は4年強です。中国での申告及び納税は既に終わっていますが、先般所轄税務署から日本での確定申告がどうなっているか問合わせを受けました。どうやら日 […]

Read more