易しい税金講座

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その1 修繕費-

不動産賃貸の会計・税務で、他の事業と異なる特徴として、修繕費・減価償却費・消費税などに関連する処理が挙げられます。 税務のルールを順守し、且つその枠内で税負担を極力軽減するための施策を、実務に即した形で検討したいと思いま […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務  - 基礎となる必須知識 -

1.所得区分 アパートやマンション・駐車場等の賃貸に係る所得税の税務申告は、不動産所得として申告します。下宿やホテルの様に食事を供する場合は、事業所得或いは雑所得になりますが、基本は不動産所得です。 土地の賃貸のうち、借 […]

Read more

平成27年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成27年度の税制改正は、法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針により、法人実効税率を段階的に20%台迄引下げる道程が示され、この代替財源として、外形標準課税の適用拡大ほかの施策が実施されました […]

Read more

ふるさと納税制度の改正、誰もが確定申告不要になる訳ではないので注意!

平成27年度税制改正で、ふるさと納税制度の緩和措置が実施され話題になっています。 第一は控除限度額の引き上げで、個人住民税所得割額の1割から2割に拡大されました。メリット拡大により更なる利用者の増加が予想されます。 第二 […]

Read more

結婚・子育て資金の一括贈与非課税制度のポイント

結婚・子育て資金の一括贈与に係る非課税制度が平成27年4月1日より適用開始になりました。 資金使途が子や孫の結婚・子育て資金となると、従来から贈与税の課税対象外として、ごく当たり前に世間で行われていたことなので、何を今更 […]

Read more

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用されます

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more

首都圏エリアの相続税申告状況は?

東京国税局が昨年末に公表した資料に拠れば、平成25年中(H25.1.1~H25.12.31)に亡くなった方で、相続税の申告対象となったのは全体の7.4%でした。 被相続人1人当りの課税価格は2億4373万円、税額は365 […]

Read more

国外財産調書を提出しなければ罰則適用!平成28年には新しく財産債務調書がスタート

  1.国外財産調書制度の適用開始 居住者でその年12月31日において、5千万円を超える国外財産を所有する方は、翌年3月15日までに必要事項を記載した「国外財産調書」を所轄の税務署長に提出する義務があります。も […]

Read more

妻が上場株式の配当を確定申告した場合の配偶者控除

専業主婦です。亡くなった父から相続した上場株式の配当が毎年30万円ほどあります。入金時に20%強の税金が差引かれますが、確定申告をすれば戻って来ると聞きました。一方で、妻が確定申告をすると夫の配偶者控除が受けられなくなる […]

Read more

米国財務省証券(T-Bond)を売却した場合の確定申告

アパートの建替え資金として、手持ちのT-Bond(6万ドル)をH26年末に売却しました。偶々此の処の円安で為替差益が出ており、証券会社から確定申告が必要と言われました。元々は米ドル預金で持っていましたが、円高により為替評 […]

Read more