易しい税金講座

店舗併用住宅のリフォームに係る住宅ローン特別控除を失念した方からのご相談

美容院を営む自営業者です。店舗兼自宅が老朽化したので耐震補強を目的に、平成25年に大規模リフォーム工事を実施しました。費用は7百万円で、内5百万円は銀行ローンを利用しています。平成25年と26年の確定申告は期限内に済ませ […]

Read more

新たに課税事業者となった法人の届出及び棚卸商品に係る仕入控除税額調整についてのご質問

  ジュエリーの販売と修理を営む株式会社です。今年の9月末に第3期の決算を迎えますが、新たに消費税の確定申告を行う必要があります。どの様な点に注意しなければならないでしょうか?。 この会社の第2期ですが、特定期 […]

Read more

区分所有登記された二世帯住宅は同一生計か否かが小規模宅地等の特例適用の鍵

    二世帯住宅が建つ親所有の敷地について、相続により取得した子が小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、建物の所有を①親若しくは子による単独所有、又は②親と子による持分共有にして下さい。③親と子 […]

Read more

リバースモーゲージローンを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとする取扱金融機関の数が増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思いますが、一方で制度の仕 […]

Read more

償却資産税に関するご質問

中小法人の経理を担当しています。毎年この時期に償却資産申告書(償却資産課税台帳)を作成していますが、少額償却資産については固定資産税の課税対象から外れると理解して居ります。従ってこれまで一時償却していた資産については全て […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その2 減価償却費-

不動産賃貸事業では、税法規定に従い減価償却費を正しく計上しなければなりません。然し乍ら納税者ご自身が作成された申告書を拝見すると、見様見真似で良くこれで通ったものだと驚くことが有ります。 それはさて置き、今回は必要経費の […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その1 修繕費と資本的支出-

不動産賃貸事業の税務調査に於いては、しばしば修繕費と資本的支出の区分が問題になります。現物を見ても簡単に分かるものではないため、調査官は稟議書や見積書を見て判断することが多い様です。古い部材を撤去して新しいものに取り替え […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 - 基礎編 -

1.所得区分 アパートやマンション・駐車場等の賃貸に係る所得税の税務申告は、不動産所得として申告します。下宿やホテルの様に食事を供する場合は、事業所得或いは雑所得になりますが、基本は不動産所得です。 土地の賃貸のうち、借 […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。われわれ税理士も判断に迷うことが少なくありません。ところが相続では財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大変なことになります。若し間違えて申告す […]

Read more

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用される

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more