易しい税金講座

リバースモーゲージローンを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとする取扱金融機関の数が増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思いますが、一方で制度の仕 […]

Read more

償却資産税に関するご質問

中小法人の経理を担当しています。毎年この時期に償却資産申告書(償却資産課税台帳)を作成していますが、少額償却資産については固定資産税の課税対象から外れると理解して居ります。従ってこれまで一時償却していた資産については全て […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その2 減価償却費-

不動産賃貸において、税法規定に従い減価償却費を適正に計上するのは中々厄介です。納税者ご自身で作成された申告書を拝見しても、良くこれで通るものだと感心(?)することが少なく有りません。 それはさて置き、今回は不動産賃貸に係 […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その1 修繕費-

不動産賃貸の会計・税務で、他の事業と異なる特徴として、修繕費・減価償却費・消費税などに関連する処理が挙げられます。 税務のルールを順守し、且つその枠内で税負担を極力軽減するための施策を、実務に即した形で検討したいと思いま […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 - 基礎編 -

1.所得区分 アパートやマンション・駐車場等の賃貸に係る所得税の税務申告は、不動産所得として申告します。下宿やホテルの様に食事を供する場合は、事業所得或いは雑所得になりますが、基本は不動産所得です。 土地の賃貸のうち、借 […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。われわれ税理士も判断に迷うことが少なくありません。ところが相続では財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大変なことになります。若し間違えて申告す […]

Read more

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用される

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more

国外財産調書を提出しなければ罰則適用!平成28年から新しい財産債務調書がスタート

  1.国外財産調書制度の適用開始 居住者でその年12月31日において、5千万円を超える国外財産を所有する方は、翌年3月15日までに必要事項を記載した「国外財産調書」を所轄の税務署長に提出する義務があります。も […]

Read more

米国財務省証券(T-BOND)を売却した方から確定申告のご相談

アパートの建替え資金として、手持ちのT-Bond(6万ドル)をH26年末に売却しました。偶々此の処の円安で為替差益が出ており、証券会社から確定申告が必要と言われました。元々は米ドル預金で持っていましたが、円高により為替評 […]

Read more

同族会社の親族に対する給与が税務調査で問題にされる場合

同族会社の親族に対する給与支払には、損金性の判定が微妙なものが少なくありません。従って、税務調査でも対象にされ易い項目です。問題になるのは、①役員・使用人としての職務や勤務の実態がない、②職務内容からして不相当に高額であ […]

Read more