易しい税金講座

節税対策を兼ねた役員退職金充ての定期生命保険契約を検討中の同族会社からのご相談

資本金10百万円の貴金属と宝飾品の小売り業を営む同族会社の役員(44才)です。この処業績が安定して居り内部留保も或る程度貯りましたので、節税対策も兼ねて将来の役員退職金発生に備えた定期生命保険契約の加入を検討したいと思い […]

Read more

中小企業でも適用の可能性がある優遇税制(経済対策税制/所得拡大促進税制)のチェック漏れはないですか?

租税特別措置法には数多くの特別償却・特別税額控除の優遇制度が設けられています。目的別に、研究開発税制・経済対策税制・所得拡大税制などに区分されていますが、同じ様な内容で且つ数が多いため全体像が良く掴めません。中には2~3 […]

Read more

アメリカに所有する不動産に係る米国所得税の申告について

富裕層の資産運用や節税のための米国不動産投資が人気です。日本の居住者がアメリカに不動産を所有し賃貸若しくは譲渡をした場合は、日米両国に於いて申告納税義務が発生します。二重課税が生じると、外国税額控除の適用を受けなければな […]

Read more

アメリカに所有する不動産に係る米国遺産税の申告について

富裕層の資産運用や節税のための米国不動産投資が人気です。兎角、不動産所得や譲渡所得の申告に関心が行きがちですが、投資家に相続が発生した場合に米国での遺産税申告や日本の相続税申告がどうなるかも理解して置く必要があります。こ […]

Read more

二世帯住宅にお住まいの方から小規模宅地特例の適用についてのご相談

母と私ども家族は都内に在る二世帯住宅(1Fに母、2Fに私ども家族)に住んでいます。父の存命中に両世帯で資金を出し合い新築したものですが、住宅ローンの関係から区分所有登記(1Fが母所有、2Fが私の夫所有)になっています。因 […]

Read more

特定居住用小規模宅地特例の適用要件のうち”家なき子”に関するご相談

現在海外勤務中のサラリーマンです。私ども夫婦は長男・長女(一人っ子)で、夫々の実家が都内に相応の広さの居住用宅地を所有しています。2~3年以内には帰任することになろうかと思いますが、その際の住居選択の為に”小規模宅地特例 […]

Read more

外資系企業にお勤めの方から自宅マンションの財産分与と自社株の売却に係る確定申告のご相談

昨年秋に協議離婚し、妻には自宅マンション(持分は私が5分の4、妻が5分の1)を財産分与しました。ところが先日税務署より、譲渡所得の確定申告が必要云々と書かれた「お尋ね」が送られて来ました。全くの想定外で当惑しています。こ […]

Read more

個人事業者の事業承継税制はどの様なケースでの利用が考えられるか

平成31年度税制改正で「個人事業者の事業用資産に係る相続税・贈与税の納税猶予制度」が新たに創設されました。その概要と具体的にどの様なケースでの利用が考えられるかをご説明します。 Ⅰ 相続税の納税猶予制度 認定相続人が、平 […]

Read more

2018年の新会計基準導入とそれに伴う法人税改正 中小法人が抑えるべきポイント

我が国では企業会計原則に、「売上高は実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限り計上する」と定められているのみで、収益認識に関する包括的な基準が存在しません。一方IASBやFASB等海外の会 […]

Read more

課税権の期間制限が過ぎてているにも拘らず自ら贈与税を申告納付された親族についてのご相談

先日父が亡くなりました。相続人は母と姉そして私の3人です。姉が作成したワークシートに依れば相続財産の正味価額は60百万円で、此れから生命保険金の非課税額15百万円を引くと基礎控除額以下に納まるため、確定申告の必要なしと言 […]

Read more