易しい税金講座

遺留分に関する民法(相続法)の重要な改正

遺留分制度とは、生前贈与や遺言により被相続人から特定の者だけに不均衡に財産が贈られた場合、兄弟姉妹以外の相続人に認められる最低限の財産の取り分(遺留分)の取戻しを認める制度です。遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が相続 […]

Read more

アメリカ在住の方(非居住者)が一般口座にある国内株式を売却した場合の確定申告と租税条約に関する届出書についてのご相談

海外勤務でアメリカ在住が4年になる、いわゆる日本の非居住者です。実は日本の証券会社で日本企業の株式を幾つか保有しており(証券会社には海外転居を届出済み、一般口座で管理中)近々売却する予定でいます。証券会社からは、これらの […]

Read more

配偶者控除制度の改正に伴う源泉徴収と年末調整についてのご相談

資本金2百万円の飲食業を営む有限会社です。平成29年の税制改正で配偶者控除制度が大幅に変更されたそうですが、複雑で良く分からないため配偶者がいる社員については昨年と同様に源泉徴収をしています。此のまま年末調整を迎えると、 […]

Read more

海外預金の利子や外貨建預金の為替差益は所得税の確定申告が必要

CRS(共通報告基準)の導入により、100か国・地域から日本の居住者が海外に持つ銀行口座情報が、平成30年9月までに国税当局に提供されます。銀行以外の証券会社や生命保険会社の情報もこれに含まれています。海外不動産や外国株 […]

Read more

役員の定期同額給与の改訂並びに役員賞与の支給に関するご相談

貴金属製品の販売・修理を営む資本金1千万円の株式会社(9月決算)です。役員は私と妻、母の3人です。お蔭様でこの処売上が好調で資金繰りにも余裕が出来たため、5月から妻と母の月額報酬を15万円増額して支給して居ります。冬には […]

Read more

一時的な空室になっているアパートや貸家の相続税評価額に関するご相談

この3月に父が亡くなりました。相続財産中に部屋数15室の賃貸マンションがあります。その内2室が相続発生時には空室でした。空室部分については貸家や貸家建付け地の評価減が受けられないそうですが、募集中で一時的な空室であれば認 […]

Read more

平均功績倍率による高額な役員退職慰労金の更正処分、裁判の論点は?

法人が退職した役員に対して支給する退職給与の額が、①その法人の業務に従事した期間 ②退職の事情 ③同業類似法人の支給状況 に照らして相当と認められる金額を超える場合には、その超える部分の金額は損金の額に算入されません(法 […]

Read more

消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をする場合の留意点

税理士事務所と顧客が受託義務責任に係る損害賠償請求を巡って争うなど在ってはならぬことですが、現実には少なからず有る様です。特に多いのが消費税の免税事業者や簡易課税制度適用事業者が多額の設備投資をしたにも拘らず、所与の仕入 […]

Read more

平成30年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成30年度の法人課税に関する改正は、比較的小粒なものになりました。その中で注目すべきは、安倍内閣が5年越しに掲げてきた最重要課題としての「デフレ脱却と経済再生」施策の一環としての賃上げ・生産性向上のための税制改正です。 […]

Read more

アメリカに在る合有財産権(ジョイント テナンシー)として登記した不動産を賃貸されている方から所得税確定申告のご相談

会社役員です。昨年3月ハワイに在る築25年の高級木造住宅を140万ドルで購入し、5万ドルを掛けリフォームをした後に8月より賃貸を開始しています。130百万円の銀行ローン(私名義)と残余は自己資金で賄いました。全額私が費用 […]

Read more