易しい税金講座

店舗併用住宅の売却に係る3千万円特別控除と軽課税率の適用に関するご相談

理容業を営んでおります。老後の資金対策として自宅の売却を考えています。因みに自宅は築40年の店舗併用の戸建てです。店舗付きの場合、店舗部門の面積が10%未満の場合しか3千万円控除が受けられないと聞いています。それならば店 […]

Read more

居住用と事業用に併用されている共有不動産を譲渡した場合の3千万特別控除

今シーズンも共有不動産売却に伴う税務申告のご依頼が何件か有りました。親子で共有しているが親世帯(又は子世帯)だけが住んでいるケースとか、相続で兄弟が取得したが長期間空き家になっているケース等、3千万円特別控除の適用につい […]

Read more

賃貸併用住宅に係る住宅ローン特別控除の確定申告のご相談

昨年の春、所有地(母と私で各2分の1を共有)に4階建ての賃貸マンションを新築しました。4階部分は家族の居住専用フロアーです。約2億円の銀行借入金が有りますので、住宅ローン控除のための確定申告をしたいと思います。賃貸併用住 […]

Read more

従業員持株会から引き出した上場株式の譲渡所得に係る確定申告のご相談

勤務先(上場企業)の持株会で取得した株式を上手く高値で処分出来ました。ところで先生のHP「Q&Aコーナー」の「持ち株会で取得した株式の譲渡所得に関連するご質問」の回答中に ”例外的に、社員持株会から引出したときの名義書換 […]

Read more

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

アメリカに在る不動産を譲渡した方から所得税の確定申告と外国税額控除に付いてのご相談

友人(米国人)と共同所有するカリフォルニア州の不動産(非居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲイン […]

Read more

やはり出されたタワーマンション利用の節税規制

人気のタワーマンションですが、眺望が良い高層階の価格は低層階の1.5倍以上と言われています。ところが相続財産評価の基になる固定資産税評価額は階層に拘らず専有部分面積割で算出されていました。これを利用した相続税対策が富裕層 […]

Read more

役員退職慰労金はこう決める

役員に対する退職慰労金の支給については、法務上と税務上の制約があります。これ等をしっかりと押さえて、実務に対処する必要があります。 1.法務に関する制約 役員退職慰労金の支給は、定款で支給金額が確定しているもの(確定して […]

Read more

消費税で中小事業者のトラブル原因になり易い3つの選択適用

消費税は実に簡単な税目です。会計記録さえ正しく付けて置けば、いとも容易に申告書が出来上がります。にも拘わらず、税理士職業賠責任保険の税目別事故件数はダントツの1位です。何故でしょうか?私には良く分かりませんが、殆んど同じ […]

Read more

親族間で時価ではなく相続税評価額で不動産を売買するとどうなるかとのご質問

私の母は自宅の他に幾つかの賃貸マンションを所有しています。高齢なので相続財産を減らしたいと思いますが、相続税評価額で私の長男にマンションを譲渡すると何か問題があるでしょうか?   結論から申し上げますとお母様の […]

Read more