易しい税金講座

祖母が孫に時価ではなく相続税評価額でマンションを譲渡するとどうなるか?

私の母は自宅の他に幾つかの賃貸マンションを所有しています。高齢なので相続財産を減らしたいと思いますが、相続税評価額で私の長男にマンションを譲渡すると何か問題があるでしょうか?   結論から申し上げますと、お母様 […]

Read more

国税当局による超富裕層の重点管理強化

富裕層については、従来より税務署を主体にその資産状況等の重点管理が行われてきました。更に超富裕層である個人やその支配下にある法人に付いては、大都市圏の国税局(東京・大阪・名古屋)がプロジェクトチームを作り、調査・管理体制 […]

Read more

相続税対策には自ずと節度が必要ではないか?-全国紙記事への疑問-

新聞や経済紙が、過熱気味とも言えるほど相続税対策記事で賑わっています。勿論、有用な記事が多いのですが、中には読者に無用の誤解を与えるのではと懸念される記事も少なくありません。先日某全国紙に、”にっぽんの負担”と題するシリ […]

Read more

同族会社の親族に対する給与が調査で問題にされたとき

同族会社の親族に対する給与支払には、損金性の判定が微妙なものが少なくありません。従って、税務調査でも対象にされ易い項目です。問題になるのは、①役員・使用人としての職務や勤務の実態がない、②職務内容からして不相当に高額と判 […]

Read more

個人事業者の法人成りによる社会保険料の得失

株式会社などの法人組織であれば、社員が1人(役員も含む)でもいると社会保険(健康保険と厚生年金保険)の強制適用事業所になります。ところが、実際には加入していない法人が結構見受けられます。多くは保険料の事業主負担が発生する […]

Read more

中小法人(個人事業者)の上手な欠損金(純損失)の使い方

法人税法上の欠損金の取扱いは、猫の目の様にしょっちゅう変わります。それも繰越期間を長くしたり(緩和措置)、繰越控除額に限度を設けたり(規制措置)と、政策に一貫性がないため、正しく記憶するのが大変です。これに対し、所得税法 […]

Read more

中国に所有する自己居住用マンションの売却は、中国在住時或いは日本へ帰国後の何れで行う方が有利かとのご質問

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、日本での所得税申告は売却時点(売買契約書の日付)で日 […]

Read more

都市再生計画の居住誘導区域線引きには要注意!

<都市における人口の急激な減少と高齢化を背景とする、改正都市再生特別措置法が、H26年8月に施行されました。マスコミ等で余り騒がれていませんが、実は既に200近い自治体が、これに基づく立地適正化計画の策定に取り掛かってい […]

Read more

子が小規模宅地等の特例要件を満たさない場合は孫に遺贈する方法がある

先日、全国版の経済紙に興味深い記事が掲載されました。大凡の話はこうです。  「事例:母親が住んでいる都心の実家が有る。同居親族はいない。子供たちは何れも独立して夫々持ち家を所有している。此の儘の状態で相続が発生 […]

Read more

非上場株式の生前贈与による事業承継制度の有効活用

60才台の会社経営者です。事業内容は、大手ホテル内のセルフランドリー機器のレンタルと保守で、全国展開をして居ります。ニッチな業界ですが、お蔭様で業績は好調です。男女2人の子供が居り、長男は会社の営業を担当しています。非上 […]

Read more