易しい税金講座

上海に所有する居住用マンションの売却益は中国・日本の何れで申告する方が有利か?

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、所得税納付は売却時点(売買契約書の日付)で日本に居住 […]

Read more

都市再生計画の居住誘導区域線引きには要注意!

<都市における人口の急激な減少と高齢化を背景とする、改正都市再生特別措置法が、H26年8月に施行されました。マスコミ等で余り騒がれていませんが、実は既に200近い自治体が、これに基づく立地適正化計画の策定に取り掛かってい […]

Read more

非上場株式の生前贈与による事業承継制度の有効活用

60才台の会社経営者です。事業内容は、大手ホテル内のセルフランドリー機器のレンタルと保守で、全国展開をして居ります。ニッチな業界ですが、お蔭様で業績は好調です。男女2人の子供が居り、長男は会社の営業を担当しています。非上 […]

Read more

賃貸マンションの生前贈与に伴う共用部分の評価方法に関するご質問

この度、長女に賃貸用ワンルームマンションを贈与しました。3年前に築20年の物件を650万円で購入したもので、来年3月には贈与税の確定申告をする必要があります。ところでマンションの建物については、専有部分のほかエントランス […]

Read more

投資信託の分配金受取り時と売却時の会計処理・税務

公募型投資信託に係る会計処理、とりわけ「定期分配型の投資信託」や「自動継続の再投資型投資信託」の会計処理・税務は、個人事業者であると法人であるとを問わず難解で、会計担当者を悩ませている様です。 今回は、幣事務所の顧問先で […]

Read more

新たに課税事業者になった法人の手続きと調整計算に関するご質問

  ジュエリーの販売と修理を営む株式会社です。今年の9月末に第3期の決算を迎えますが、新たに消費税の確定申告を行う必要があります。どの様な点に注意しなければならないでしょうか?。 この会社の第2期ですが、特定期 […]

Read more

リバースモーゲージを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとして取扱金融機関の数も増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思います。 ただ制度の仕組 […]

Read more

新設法人は設立事業年度を何カ月にすれば消費税で有利かとのご質問

●法人成りによる消費税免税を利用した節税策に関するQ&Aを拝見しました。私どもはカフェを併設したギャラリーを営んでいます。年間売上が5千万円程度ありますので、法人成りしても第2期は課税事業者になる可能性が高いと思います。 […]

Read more

個人型確定拠出年金の加入対象要件が大幅に緩和!

予て注目されていた「確定拠出年金法等の改正案」が平成28年5月24日に成立しました。平成29年1月から、専業主婦や公務員そして一部のサラリーマンも個人型確定拠出年金に加入することが出来る様になります。NISA以上の節税効 […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その2 減価償却費-

不動産賃貸において、税法規定に従い減価償却費を適正に計上するのは中々厄介です。納税者ご自身で作成された申告書を拝見しても、良くこれで通るものだと感心(?)することが少なく有りません。 それはさて置き、今回は不動産賃貸に係 […]

Read more