相続・贈与

シンガポールの個人所得税/相続税(2021版)ー移住によりどの様な税負担減効果が得られるかー

シンガポールへの移住による富裕層向け節税策が経済誌などで頻りに喧伝されています。内容の乏しいものも有り強ち鵜呑みには出来ませんので、シンガポール内国歳入庁(SIRS)のHP等を基に検証して見ました。 1.シンガポールの個 […]

Read more

相続しても利用の見込みがない実家の不動産は相続前・相続後の何れのタイミングで処分する方が得策か?

個別事案に応じて結論が変わって来ると思いますが、一般的に相続前の自宅処分はお薦め出来ません。最近の日経新聞に「認知症 自宅の売却難題」と題する記事が掲載されました。認知症と診断されると、不動産売買契約その他の法律行為が無 […]

Read more

小規模宅地等の特例の適用が受けられない子へ自宅を相続させるための配偶者居住権制度の利用に関するご相談

75歳の自営業者です。主な財産は都内の戸建て住宅(相続税評価額は建物1千万円・宅地1億円)と金融資産等が8千万円です。相続人は73歳の妻と既婚の娘の二人です。将来私に第一次相続が発生した場合、全ての財産を妻に相続させれば […]

Read more

母が父の遺産を全て相続すれば優遇措置で納付税額がないため申告をしなくても良いのではとのご質問

父の体調が思わしくないので母と相続対策を相談しています。相続人は母と私(既婚・別世帯)で、主な財産は都内に在る自宅1億円と金融資産8千万円です。万一の場合は分割協議に拠り母が全てを相続し、小規模宅地等の特例と配偶者の相続 […]

Read more

公益法人等への土地の遺贈や寄付による相続税対策をお考えの方からのご相談

近畿圏の地方都市に在る実家で母が一人暮らしをしております。相続人は私だけです。150坪程の敷地に古家が建っていますが、相続が発生した場合には遠隔地のため維持管理や処分が大変そうです。公益法人等に遺贈(寄付)すれば、相続税 […]

Read more

配偶者居住権を利用した相続税対策

平成30年の民法(相続法)改正に関する小職の解説記事「平成30年の民法改正に依る重要な変更点-配偶者居住権/特別寄与料/その他」で、”創設された配偶者居住権(長期)を利用した租税回避行為が増加する可能性があり、今後の成り […]

Read more

節度がない不合理な相続税対策は否認されるリスクがあります。金融機関の提言を鵜呑みにしてはいけません。 -最近の東京高裁判決-

相続直前に銀行から多額の借入をし、賃貸用不動産を取得して相続税負担を免れた事案につき、令和3年4月27日に東京高裁は、財産評価基本通達第6項(この通達の定めに拠り難い場合の評価)に基づく更正処分を適法とする判決を下しまし […]

Read more

奥様がご主人の全ての遺産を相続すると、第二次相続を合せた税負担が不利になる場合とは

老夫婦世帯で御主人に相続が発生した場合、残された妻が遺産の全てを取得されることが多い様です。これは小規模宅地等の特例と配偶者の相続税額軽減規定(最大160百万円)を使えば、第一次相続では相続税支払いの必要がなくなることが […]

Read more

市街地にある広めの宅地は、旗竿地形状等での複数人に拠る分割取得が相続税対策として有効です

市街地に在る少し広めの住宅敷地の相続税対策として用いられるのが、複数の相続人による分割取得です。宅地は地目の異なる毎、利用目的(自用・貸付用・貸家の敷地用など)の異なる毎に ”1区画の宅地” として評価しますが、贈与や遺 […]

Read more

考えている以上に厳しい相続税の税務調査

相続税の申告で税務調査が入る確率はどの程度あるのか、何時ごろ税務調査が入るのか、どの様な事案に調査が入り易いのか等は税理士ならずとも知りたい処です。今回は東京税理士会主催の研修会での講義内容や配布資料その他を基に、情報を […]

Read more