相続・贈与

同族株主が所有する非上場株式についての過度の相続税対策はリスクが大きい

相続財産の評価は実勢価格を原則としつつも、政策的配慮や事務負担軽減のため幾つかの特例(簡便計算)を認めています。相続税対策の中には、本来の制度の趣旨を逸脱し、条文の間隙を突いた課税逃れと指弾されても仕方がないものがありま […]

Read more

こうすれば住宅取得等資金贈与の非課税措置を短期間に2回(最大42百万円)受けることが出来る

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合は、一定の要件を満たすことで贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。ところが平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続 […]

Read more

国外財産に係る相続税・贈与税の課税対象外の要件が厳しくなる

富裕層の相続税対策として、財産を国外に移し、子供(相続人)も非居住者にした上で生前贈与する方法が一般に知られています。中には手の混んだスキームも有りますが、基本自体は至って簡単です。こうした租税回避行為が、課税当局との間 […]

Read more

遺産分割は相続税だけでなく事後の不動産売却に係る所得税の負担も考慮する必要がある

昨年末に父が亡くなりました。相続人は母と娘2人です。主な相続財産は都内に在る普通借地権(相続税評価額80百万円)と銀行預金その他(7百万円)で、普通借地権は60坪と30坪に分けられ夫々両親と妹家族の居住用家屋が建っていま […]

Read more

非居住者への相続や贈与に適用される国外転出時課税制度の盲点

国外転出時課税制度では、時価1億円以上の有価証券等を保有する一定の個人が国外に転出するケースのほか、該当する個人から相続・遺贈・贈与により非居住者が有価証券等を取得する場合にも、みなし譲渡益課税が行われます。平成27年7 […]

Read more

想定外のリスクがあるため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more

税理士がお薦めする3つのオーソドックスな相続税対策

相続税対策には幾つかのパターンがあります。多く見られるのは、①時価と相続税評価額の乖離を利用したもの、②贈与税や相続税の非課税制度を利用したもの、そして③納税義務者の課税財産範囲を利用したもの、です。この他にも、非上場株 […]

Read more

一時払い終身保険を利用した相続税対策のご相談

  「生命保険契約を使った相続税対策」のコラムを拝見しました。同居中の母は現在87才ですが、この処一段と老いが目立つ様になりました。亡くなった父から相続した自宅や株式・預貯金等が有り、万一の場合は相続税の確定申 […]

Read more

相続時精算課税制度を利用した場合の得失

 相続時精算課税の申告でご相談に来所されるのは、60才台の親御さんと3~40才台の子供さんの組合せで、新たに住宅を購入されるケースが多い様です。 ご存知の通り、相続時精算課税制度では一定の要件を満たせば、住宅取得資金贈与 […]

Read more

名義預金を取り繕って相続税申告をすると税務調査でのリスクが大きい

相続財産リストの作成で税理士が最も気を使うのが、現預金と株式その他の金融商品です。 理由は、税務調査で申告漏れとして指摘される相続財産のうち約6割が現預金と金融商品だからです。素人でも簡単に把握できるし、評価の手間も掛ら […]

Read more