相続・贈与

こうすれば住宅取得等資金贈与の非課税措置を短期間に2回(最大42百万円)受けることが出来る

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合は、一定の要件を満たすことで贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。ところが平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続 […]

Read more

国外財産に係る相続税・贈与税の制限納税義務者の要件が厳しくなる

富裕層の相続税対策として、財産を国外に移し、子供(相続人)も非居住者にした上で生前贈与する方法が一般に知られています。中には手の混んだスキームも有りますが、基本自体は至って簡単です。こうした租税回避行為が、課税当局との間 […]

Read more

教育資金非課税口座に関するご質問

[教育資金の一括贈与に係る非課税制度について] 教育資金非課税口座を開設しております。先生の記事によると教育資金以外の支出も可能との事ですが、銀行に聞いても、やった事がないから分らない、税務署で聞いてくれと言うのですが、 […]

Read more

私道を挟んだ隣地を取得した場合の小規模宅地等の特例に関するご相談

父から相続した古い戸建て住宅に、母が一人で暮らしています。隣地が売りに出される様なのでこれを母が購入し、自宅の新築を考えています。将来母の相続が発生した場合に、新旧の宅地全体(330㎡超)で小規模宅地等の特例(居住用)の […]

Read more

アパートや駐車場の敷地に小規模宅地等の特例を適用する場合の留意点

小規模宅地等の特例は、被相続人等の居住の用に供されていた宅地等の他に、事業の用に供されていた宅地等にも適用があります。事業用は貸付事業用と貸付事業用以外の事業用とに区分され、両者で適用要件や評価割合が異なります。これはア […]

Read more

遺産分割は相続税だけでなく事後の不動産売却に係る所得税等の負担も考慮する必要がある

昨年末に父が亡くなりました。相続人は母と娘2人です。主な相続財産は都内に在る普通借地権(相続税評価額80百万円)と銀行預金その他(7百万円)で、普通借地権は60坪と30坪に分けられ夫々両親と妹家族の居住用家屋が建っていま […]

Read more

主な相続財産が被相続人の自宅である場合にトラブルを回避するための分割方法(遺留分・代償分割ほか)

父親の死亡で高齢の母親と複数の子供が相続人になる場合、分割協議に起因する争族の話は殆ど耳にしません。一般には、全部或いは過半を母親が相続すれば済む話だからです。①高齢化により母親の老後には相応の現金が必要、②母親が相続す […]

Read more

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

非居住者への相続や贈与に適用される国外転出時課税制度の盲点

国外転出時課税制度では、時価1億円以上の有価証券等を保有する一定の個人が国外に転出するケースのほか、該当する個人から相続・遺贈・贈与により非居住者が有価証券等を取得する場合にも、みなし譲渡益課税が行われます。平成27年7 […]

Read more

想定外のリスクがあるため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more