相続・贈与

海外不動産の相続税財産評価額はどう算定すれば良いのか?小規模宅地等の特例の適用は?

海外不動産に係る相続税の申告漏れが多い様です。ところで海外不動産の相続税評価額はどう算定すれば良いのでしょうか。また小規模宅地等の特例に拠る評価減は認められるのでしょうか。今回はこの辺りに付いてご説明します。 1.海外不 […]

Read more

相続税の税務調査の現状について

相続税の確定申告で税務調査が入る確率はどの程度あるのか、何時ごろ税務調査が入るのか、どの様な種類の相続財産に否認が出易いのか等に付いては税理士ならずとも知りたい処です。 今回は東京税理士主催の研修会での講義内容や配布資料 […]

Read more

同族株主が所有する非上場株式について技術論に偏った相続税対策には要注意

相続財産の評価は実勢価格を原則としつつも、政策的配慮や事務負担軽減のため幾つかの特例(簡便計算)を認めています。相続税対策の中には、本来の制度の趣旨を逸脱し、条文の間隙を突いた課税逃れと指弾されても仕方がないものがありま […]

Read more

こうすれば住宅取得等資金贈与の非課税措置を短期間に2回(最大42百万円)受けることが出来る

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合は、一定の要件を満たすことで贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。ところが平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続 […]

Read more

平成29年度税制改正で非居住者への国外財産の相続(贈与)の形を採った相続税(贈与税)対策が更に規制された

富裕層の相続税や贈与税対策として、財産を国外に移し、受取人も非居住者にした上で相続や生前贈与をする方法が一般に知られています。一見手の混んだ手法に思えますが、原理は至って簡単です。こうした課税回避行為に対し、平成29年度 […]

Read more

遺産分割は第二次相続や相続財産の売却に係る所得税等の負担を考慮する必要

昨年末に父が亡くなりました。相続人は母と娘2人です。主な相続財産は都内に在る普通借地権(2筆、相続税評価額80百万円)と銀行預金その他(20百万円)です。普通借地権は隣接する2つの土地で、夫々両親と妹家族の居住用家屋が建 […]

Read more

非居住者への相続や贈与に適用される国外転出時課税制度の盲点

国外転出時課税制度では、時価1億円以上の有価証券等を保有する一定の個人が国外に転出するケースのほか、該当する個人から相続・遺贈・贈与により非居住者が有価証券等を取得する場合にも、みなし譲渡益課税が行われます。平成27年7 […]

Read more

想定外のリスクがあるため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more

税理士がお薦めする3つのオーソドックスな相続税対策

相続税対策には幾つかのパターンがあります。多く見られるのは、①時価と相続税評価額の乖離を利用したもの、②贈与税や相続税の非課税制度を利用したもの、そして③納税義務者の課税財産範囲を利用したもの、です。この他にも、非上場株 […]

Read more

相続税対策として非居住者である子に海外不動産の贈与を検討されている方からのご相談

元サラリーマンです。中近東での勤務が長かったのでスイスの銀行に纏まった預金を所有しています。相続税対策としてこれで海外不動産を購入し、フランスに住む長女に生前贈与してはどうかと考えています。非居住者に海外不動産を贈与する […]

Read more