相続・贈与

負の遺産となる空き家や農地等の相続放棄に関する法制度の見直し

登記簿を調べても所有者が判明しない、或いは判明しても連絡が付かない「所有者不明土地」が増加の一途を辿っており、九州に匹敵する面積に達しています。住環境の悪化を招き公共事業等の阻害要因となる為、平成30年に”所有者不明土地 […]

Read more

事業承継税制の特例と同族会社への土地低額譲渡を併用した相続税対策

頭の体操です。実際にやるかどうかは兎も角、税理論上はこうなると言う話です。 甲は運送業を営む非上場会社の代表取締役で、全株式を所有しています。財産は相続税評価額ベースで、金融資産3億円・土地5億円(小規模宅地特例の対象外 […]

Read more

第一次相続で配偶者が全ての遺産を取得した場合の、第二次相続を含めたトータル税負担の得失

老夫婦世帯で御主人に相続が発生した場合、残された妻が遺産の全てを取得されることが多い様です。これは小規模宅地等の特例や配偶者の相続税額軽減措置(160百万円まで非課税)を使えば、第一次相続では相続税支払いの必要がなくなる […]

Read more

同族株主が所有する非上場株式の行き過ぎた相続税対策はリスクが大きい

相続財産の評価は実勢価格を原則としつつも、政策的配慮や事務負担軽減のため幾つかの特例(簡便計算)を認めています。相続税対策の中には、本来の制度の趣旨を逸脱し、条文の間隙を突いた課税逃れと指弾されても仕方がないものがありま […]

Read more

住宅取得等資金贈与の非課税制度には2つの限度額があり、組合わせ次第では最大42百万円の適用が受けられる

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合に、一定の要件を満たせば贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続けて受ければ […]

Read more

平成29年度税制改正で非居住者への国外財産の相続(贈与)による節税対策が更に規制された

富裕層の相続税や贈与税対策として、財産を国外に移し、受取人も非居住者にした上で相続や生前贈与をする方法が一般に知られています。一見手の混んだ手法に思えますが、原理は至って簡単です。こうした課税回避行為に対し、平成29年度 […]

Read more

遺産分割では第二次相続や相続財産の売却に係る所得税負担も考慮する必要がある

昨年末に父が亡くなりました。相続人は母と娘2人です。主な相続財産は都内に在る普通借地権(2筆、相続税評価額80百万円)と銀行預金その他(20百万円)です。普通借地権は隣接する2つの土地で、夫々両親と妹家族の居住用家屋が建 […]

Read more

主な相続財産が被相続人の居住用不動産である場合の代償分割の活用

父親の死亡で高齢の母親と複数の子供が相続人になる場合、分割協議に起因する争族の話は殆ど耳にしません。一般には、全部或いは過半を母親が相続すれば済む話だからです。①高齢化により母親の老後には相応の現金が必要、②母親が相続す […]

Read more

親族間で時価ではなく相続税評価額で不動産を売買するとどうなるかとのご質問

私の母は自宅の他に幾つかの賃貸マンションを所有しています。高齢なので相続財産を減らしたいと思いますが、相続税評価額で私の長男にマンションを譲渡すると何か問題があるでしょうか?   結論から申し上げますとお母様の […]

Read more

リスクが有るため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more