易しい税金講座

従業員持株会から引き出した上場株式の売却益に係る確定申告のご相談

勤務先(上場企業)の持株会で取得した株式を上手く高値で処分出来ました。ところで先生のHP「Q&Aコーナー」の「持ち株会で取得した株式の譲渡所得に関連するご質問」の回答中に ”例外的に、社員持株会から引出したときの名義書換 […]

Read more

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

国税庁公表の相続税申告の状況

先般国税庁から、平成27事務年度の相続税申告の状況が公表されました。被相続人(死亡者)数129万人のうち、相続税の申告を行ったものは10.3万人で割合は8.0%でした。前年実績が4.4%でしたから、25年度税制改正での基 […]

Read more

アメリカに在る不動産を売却した方から所得税の確定申告と外国税額控除に付いてのご相談

友人(米国人)と共同所有するカリフォルニア州の不動産(非居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲイン […]

Read more

やはり出されたタワーマンション利用の節税規制

先日、全国紙に掲載された「高層マンションで相続税対策、国税庁が監視強化」と題する記事を見て、ギョッとされた方も少なからず居られると思います。 国税庁が全国の国税局に対して ”タワーマンションを使った過度の相続税対策がない […]

Read more

役員退職慰労金はこう決める

役員に対する退職慰労金の支給については、法務上と税務上の制約があります。これ等をしっかりと押さえて、実務に対処する必要があります。 1.法務に関する制約 役員退職慰労金の支給は、定款で支給金額が確定しているもの(確定して […]

Read more

消費税で中小事業者のトラブル原因になり易い3つの選択適用

消費税は実に簡単な税目です。会計記録さえ正しく付けて置けば、いとも容易に申告書が出来上がります。にも拘わらず、税理士職業賠責任保険の税目別事故件数はダントツの1位です。何故でしょうか?私には良く分かりませんが、殆んど同じ […]

Read more

同族会社が気を付けねばならない3つの制度

同族会社では特定の株主の意向が経営に反映されるため、他には見られない経済合理性のない租税回避行為が行われることがあります。これを規制する目的で、同族会社にだけ適用される3つの規定が設けられています。 1.同族会社の意義 […]

Read more

中小企業者に認められる所得拡大促進税制 (使用人給与の支払が増加した場合の税額控除)

青色申告法人が国内事業所に勤務する雇用者に支払う給与等が、基準事業年度支給額の3~5%以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は3%)増加する場合には、増加する金額の10%相当額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度の […]

Read more

中小企業者に認められる雇用促進税制(雇用者数が増加した場合の税額控除)

青色申告法人の期末雇用者数が、前期末に比べて5人以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は2人以上)且つ10%以上増加している場合には、基準雇用者数に40万円を掛けた金額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度のご説明を […]

Read more