易しい税金講座

中小企業者に認められる所得拡大促進税制 (使用人給与の支払が増加した場合の税額控除)

青色申告法人が国内事業所に勤務する雇用者に支払う給与等が、基準事業年度支給額の3~5%以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は3%)増加する場合には、増加する金額の10%相当額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度の […]

Read more

中小企業者に認められる雇用促進税制(雇用者数が増加した場合の税額控除)

青色申告法人の期末雇用者数が、前期末に比べて5人以上(資本金が1億円以下の中小企業者等は2人以上)且つ10%以上増加している場合には、基準雇用者数に40万円を掛けた金額の税額控除が受けられます。以下、簡単に制度のご説明を […]

Read more

国税当局による超富裕層の重点管理強化

富裕層については、従来より税務署を主体にその資産状況等の重点管理が行われてきました。更に超富裕層である個人やその支配下にある法人に付いては、大都市圏の国税局(東京・大阪・名古屋)がプロジェクトチームを作り、調査・管理体制 […]

Read more

全国紙の節税対策記事への国税庁の反応

先日、タワーマンションの時価/相続税評価額の乖離と、法人の借入金を利用した節税策を報じた全国紙記事について、当コラムでテクニカル面と報道する意図・目的からの疑問を提起しました。 案の定と言うか、当然と言うか、早速に国税サ […]

Read more

相続税対策には自ずと節度が必要ではないか?-全国紙記事への疑問-

新聞や経済紙が、過熱気味とも言えるほど相続税対策記事で賑わっています。勿論、有用な記事が多いのですが、中には読者に無用の誤解を与えるのではと懸念される記事も少なくありません。先日某全国紙に、”にっぽんの負担”と題するシリ […]

Read more

同族会社の親族に対する給与が調査で問題にされたとき

同族会社の親族に対する給与支払には、損金性の判定が微妙なものが少なくありません。従って、税務調査でも対象にされ易い項目です。問題になるのは、①役員・使用人としての職務や勤務の実態がない、②職務内容からして不相当に高額と判 […]

Read more

個人事業者の法人成りによる社会保険料の得失

株式会社などの法人組織であれば、社員が1人(役員も含む)でもいると社会保険(健康保険と厚生年金保険)の強制適用事業所になります。ところが、実際には加入していない法人が結構見受けられます。多くは保険料の事業主負担が発生する […]

Read more

中小法人(個人事業者)の上手な欠損金(純損失)の使い方

法人税法上の欠損金の取扱いは、猫の目の様にしょっちゅう変わります。それも繰越期間を長くしたり(緩和措置)、繰越控除額に限度を設けたり(規制措置)と、政策に一貫性がないため、正しく記憶するのが大変です。これに対し、所得税法 […]

Read more

中小法人の税負担を軽くする株主構成と配当方針のヒント

資本金3百万円の不動産サブリース会社です。株主は、私と妻そして母の3人で、各3分の1を所有しています。全員会社の役員に就任しています。非上場会社からの配当金については、所得税・住民税とも総合課税が原則だそうですが、そうす […]

Read more

養老保険を使った同族会社の節税策に関するご相談

IT関連の同族会社です。この処業績が好調で、今期は青色欠損金の繰越控除額を使い切って法人税等の支払いが出るのが略確実です。保険代理店から、支払保険料の全部又は2分の1が損金算入できる生命保険契約を利用した節税プランを薦め […]

Read more