易しい税金講座

税務署から「相続税の申告等についてのご案内」が送られてきた場合はどう対応すれば良いかとのご相談

父が亡くなくなりましたが、6か月後に税務署から母の許に「相続税の申告等についてのご案内」と「相続税の申告要否検討表」が郵送されてきました。相続人は母と私ども姉妹の3人です。相続財産は基礎控除額の範囲内にほぼ収まる筈なので […]

Read more

賃貸不動産のユニットバス取替え工事費の処理に付いてのご質問

不動産賃貸業を営む同族会社です。所有物件の中に古いマンションの一室がありますが、客付きが良くないため60万円を掛けて現代風のシステムバスに交換しました。老朽化した浴室の取替え工事なので修繕費で良いと思うのですが、機能面や […]

Read more

特定口座でのクロス取引による株式含み損失処理に付いてのご相談

この処、円ドル為替相場や海外の政情不安に起因して、株式市場の値動きが荒くなっています。先行き不透明なのでリスク回避の為、一旦含み益の大きい銘柄は売却して利益を確定し、同時に含み損のある銘柄を処分して直ぐに買戻す所謂クロス […]

Read more

シンガポール在住の方(非居住者)から日本での不動産所得とFX取引利益の確定申告のご相談

2014年に出国し、現在はシンガポールに居住しています。日本で不動産を所有・賃貸していますが、減価償却費差引き後の所得金額は僅かです。知り合いの税理士さんに確定申告の相談をしても、まぁ良いんじゃないと言った対応でした。家 […]

Read more

区分所有登記がされている二世帯住宅にお住まいの方から居住用小規模宅地等の特例に付いてのご相談

母と私ども家族は都内に在る二世帯住宅(1Fに親世帯、2Fに子世帯)に住んでいます。父の存命中に両世帯で資金を出し合い新築したものですが、住宅ローンの関係から区分所有登記になっています。因みに母と私ども家族は別生計です。宅 […]

Read more

アパートや駐車場の敷地に小規模宅地等の特例を適用する場合の留意点

小規模宅地等の特例は、被相続人等の居住の用に供されていた宅地等の他に、事業の用に供されていた宅地等にも適用があります。事業用は貸付事業用と貸付事業用以外の事業用とに区分され、両者で適用要件や評価割合が異なります。これはア […]

Read more

消費税率引上げ延期に伴い住宅ローン控除と住宅取得資金贈与非課税の金額上乗せが2年半延長された

消費税率が10%に引上げられた場合、当然ながら住宅の取得にブレーキが掛ります。 この反動減対策として住宅ローン控除制度(所得税)では、平成31年6月30日までに居住の用に供した特定取得の住宅について、10年間合計で500 […]

Read more

相続財産が未分割の場合の配偶者の相続税額軽減や小規模宅地等の特例に付いてのご相談

主人が亡くなってから3年8カ月が過ぎました。相続財産は自宅及び生命保険金・死亡退職金・金融資産を併せて時価で2億円程です。法定相続人は私と娘2人ですが、種々事情が有ってこれまで遺産分割をしておらず、相続税の申告書も出して […]

Read more

主な相続財産が被相続人の居住用不動産である場合の代償分割の活用

父親の死亡で高齢の母親と複数の子供が相続人になる場合、分割協議に起因する争族の話は殆ど耳にしません。一般には、全部或いは過半を母親が相続すれば済む話だからです。①高齢化により母親の老後には相応の現金が必要、②母親が相続す […]

Read more

相続により取得した賃貸不動産の減価償却費計算に関するご質問

サラリーマンです。去る4月20日に母が亡くなり賃貸マンション(12室)の経営を引き継ぐことになりました。8月には母の不動産所得の準確定申告、来年3月には私の確定申告をしなければなりません。相続で取得した不動産については、 […]

Read more