易しい税金講座

消費税率引上げ延期に伴い住宅ローン控除と住宅取得資金贈与非課税の金額上乗せが2年半延長されます

消費税率が10%に引上げられた場合、当然ながら住宅の取得にブレーキが掛ります。 この反動減対策として住宅ローン控除制度(所得税)では、平成31年6月30日までに居住の用に供した特定取得の住宅について、10年間合計で500 […]

Read more

相続財産が未分割の場合の配偶者の相続税額軽減と居住用小規模宅地等の特例に付いてのご相談

主人が亡くなってから3年8カ月が過ぎました。相続財産は自宅及び生命保険金・死亡退職金・金融資産を併せて時価で2億円程です。法定相続人は私と娘2人ですが、種々事情が有ってこれまで遺産分割をしておらず、相続税の申告書も出して […]

Read more

主な相続財産が被相続人の居住用不動産である場合の争族回避のための分割方法(遺留分・代償分割ほか)

父親の死亡で高齢の母親と複数の子供が相続人になる場合、分割協議に起因する争族の話は殆ど耳にしません。一般には、全部或いは過半を母親が相続すれば済む話だからです。①高齢化により母親の老後には相応の現金が必要、②母親が相続す […]

Read more

相続により取得した賃貸不動産の減価償却費計算に関するご質問

サラリーマンです。去る4月20日に母が亡くなり賃貸マンション(12室)の経営を引き継ぐことになりました。8月には母の準確定申告、来年3月には私の確定申告をしなければなりません。相続で取得した不動産については、被相続人の取 […]

Read more

相続法制の改正で配偶者の相続分その他の重要事項が変更される可能性があります

法務大臣の諮問機関である法制審議会で、民法(相続関係)の改正作業が進められています。早ければ平成29年中に改正案が提出される可能性があります。民法が変われば、相続税法も当然変わりますので、どの様な変更が検討されているか、 […]

Read more

相続で取得した空き家状態の実家売却に係る3千万円特別控除のポイント

平成28年度税制改正で「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例制度」が創設されました。被相続人が居住していた家屋とその敷地を、相続により取得した個人が譲渡した場合には、「居住用財産を譲渡した場合の3千万円特別控除」が受けら […]

Read more

企業版ふるさと納税は、もう一工夫がないと普及しないのでは?

平成28年の税制改正で、4月1日から企業版ふるさと納税制度(地方創生応援税制)が導入されしました。 ”志のある企業による地方創生への貢献”との崇高なる理念のもと、個人版ふるさと納税の人気にあやかって類似名称でスタートさせ […]

Read more

平成28年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成28年度の税制改正も、前年と同様に法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針の下、法人実効税率の20%台への引下げが1年前倒しで実施され、この代替財源として課税ベースの拡大と外形標準課税の適用範 […]

Read more

居住用と事業用に併用されている共有不動産を譲渡した場合の3千万特別控除の適用は?

今シーズンも共有不動産売却に伴う税務申告のご依頼が何件か有りました。親子で共有しているが親世帯(又は子世帯)だけが住んでいるケースとか、相続で兄弟が取得したが長期間空き家になっているケース等、3千万円特別控除の適用につい […]

Read more

賃貸併用住宅に係る住宅ローン控除の確定申告に付いてのご相談

昨年の春、所有地(母と私で各2分の1を共有)に4階建ての賃貸マンションを新築しました。4階部分は家族の居住専用フロアーです。約2億円の銀行借入金が有りますので、住宅ローン控除のための確定申告をしたいと思います。賃貸併用住 […]

Read more