易しい税金講座

課税権の期間制限が過ぎてているにも拘らず自ら贈与税を申告納付された親族についてのご相談

先日父が亡くなりました。相続人は母と姉そして私の3人です。姉が作成したワークシートに依れば相続財産の正味価額は60百万円で、此れから生命保険金の非課税額15百万円を引くと基礎控除額以下に納まるため、申告の必要なしと言うこ […]

Read more

相続で取得した取得価額が分らない上場株式の譲渡所得に関するご相談

出版会社の役員です。給与収入が2千万円を超えて居りますので、確定申告の税務代理をお願いします。なお自宅マンションを買換えましたが、売買代金差額は自己資金と父から相続で取得した上場株式(1社分)の売却代金で賄いました。とこ […]

Read more

上場株式の含み損を利用した、株式配当や公社債利子との損益通算による節税策のご相談

60台の個人投資家です。このところFRBの利上げや米中貿易摩擦の影響で、投資株式の含み益が急激に減少しています。含み損が出ている銘柄も有りますので、取敢えずこれに就いては年内に売却のうえ買戻し、譲渡損を実現したいと考えて […]

Read more

CRS(共通報告基準)により国税庁が海外金融口座情報55万件を入手、資産隠しの税務調査に活用される見込み

CRS(Common Reporting Standard)は、国外の金融機関に保有する口座を利用した租税回避行為を防止するために、OECD(経済協力開発機構)が策定した各国税務当局が金融口座情報を国際間で自動交換する制 […]

Read more

グル-プ法人課税制度は全法人に対して強制適用される -選択適用の連結納税制度は令和4年4月からグル-プ通算制度に移行-

多くの中小企業経営者が、大手企業が選択適用している連結納税制度の如き面倒なグループ内取引の税務調整とは無関係とお考えの様です。ところが平成22年度税制改正で、資本金規模に拘らず100%支配グループ内の内国法人間取引につい […]

Read more

中国在住の方(非居住者)から日本でのFX取引の確定申告のご相談

私は2016年末から中国上海に住み、東京商品取引所のFX取引で自己資金を運用しています。利用している業者は日本の先物取引会社です。全て個人口座で取引しており、日本に恒久的施設は持っていません。この場合、日本への所得税の納 […]

Read more

マレーシアに在る海外預金の利子所得が申告漏れになっている方から期限後申告のご相談

私がマレーシアのHSBC銀行に保有している定期預金利子の確定申告についてご相談があります。 ⅰ)背景: イ.2016年7月まで約10年間、マレーシアで日系法人の駐在員として勤務しました。 ロ.現地で支給された給与を定期預 […]

Read more

取得費不明の相続した土地の譲渡に係る2017年12月13日付け裁決事例から読み取れること

国税不服審判所は、取得費不明の相続した土地の譲渡に係る長期譲渡所得の金額に関する裁決で、控除すべき取得費の金額は売主側が作成した土地管理台帳に記載された金額とするのが相当であるとして、審査請求人及び課税庁の主張を夫々退け […]

Read more

生産緑地の2022年問題に対応する為に農家が知っておくべきポイント

生産緑地に係る税の優遇措置が2022年に期限切れとなりますが、これを誘因として練馬区や世田谷区、江戸川区などで地価下落が起きるのではないかと言われています。玉突きで都心部に波及する可能性もあります。人口高齢化に伴う空き家 […]

Read more

中国籍で日本の永住権をお持ちの方が中国に在る不動産を売却した場合の確定申告のご相談

今日は。中国籍で日本の永住権を取得しているサラリーマンです。63歳の定年後も日本の会社に再雇用され、現在は中国で勤務しています。駐在中に上海で取得したマンションを、日本の非居住者(=中国の居住者)である期間内に売却すれば […]

Read more