そうだったのか!相続・不動産

慰留分の侵害請求を起こされ相続した実家を売却すると他の相続人の税負担まで背負い込むことになりかねません

財産の過半が自宅の不動産である被相続人が、遺言で同居する長男にこれを遺贈し、他の兄弟には遺留分未満の現預金その他の財産を遺贈するケースは珍しいことではありません。他の兄弟がこれで納得すれば良いのですが、不満に思い遺留分の […]

Read more

シンガポールの個人所得税/相続税(2021版)ー移住によりどの様な税負担減効果が得られるかー

シンガポールへの移住による富裕層向け節税策が経済誌などで頻りに喧伝されています。内容の乏しいものも有り強ち鵜呑みには出来ませんので、シンガポール内国歳入庁(SIRS)のHP等を基に検証して見ました。 1.シンガポールの個 […]

Read more

相続しても利用の見込みがない実家の不動産は相続前・相続後の何れのタイミングで処分する方が得策か?

個別事案に応じて結論が変わって来ると思いますが、一般的に相続前の自宅処分はお薦め出来ません。最近の日経新聞に「認知症 自宅の売却難題」と題する記事が掲載されました。認知症と診断されると、不動産売買契約その他の法律行為が無 […]

Read more

小規模宅地等の特例の適用が受けられない子へ自宅を相続させるための配偶者居住権制度の利用に関するご相談

75歳の自営業者です。主な財産は都内の戸建て住宅(相続税評価額は建物1千万円・宅地1億円)と金融資産等が8千万円です。相続人は73歳の妻と既婚の娘の二人です。将来私に第一次相続が発生した場合、全ての財産を妻に相続させれば […]

Read more

永住権をお持ちの中国籍の方から帰国して中国に在るマンションを売却すれば日中トータルでの税負担が軽減出来るのではとのご相談

私は日本の永住権を持つ中国籍の会社員です。在留期間は15年になります。不動産高騰の折柄、中国に所有するマンション(親族に無償貸与中)の売却を考えています。中国では「満五唯一(満5年所有、唯一の住宅)」に該当すれば所得税が […]

Read more

母が父の遺産を全て相続すれば優遇措置で納付税額がないため申告をしなくても良いのではとのご質問

父の体調が思わしくないので母と相続対策を相談しています。相続人は母と私(既婚・別世帯)で、主な財産は都内に在る自宅1億円と金融資産8千万円です。万一の場合は分割協議に拠り母が全てを相続し、小規模宅地等の特例と配偶者の相続 […]

Read more

相続で取得した負の遺産である空家の敷地や農地山林等を一定の負担により国へ帰属させることが出来る様になります

登記簿を調べても所有者が判明しない、或いは判明しても連絡が付かない「所有者不明土地」が増加の一途を辿っており、九州に匹敵する面積に達すると言われています。住環境の悪化を招き公共事業等の阻害要因となる為、平成30年に”所有 […]

Read more

公益法人等への土地の遺贈や寄付による相続税対策をお考えの方からのご相談

近畿圏の地方都市に在る実家で母が一人暮らしをしております。相続人は私だけです。150坪程の敷地に古家が建っていますが、相続が発生した場合には遠隔地のため維持管理や処分が大変そうです。公益法人等に遺贈(寄付)すれば、相続税 […]

Read more

海外中古建物の減価償却費を利用した節税スキームに対する令和2年度税制改正にはどう対応すれば良いか

ハワイ等に所在する法定耐用年数を経過した高額不動産を購入して賃貸に出し、借入金利子(*)と減価償却費を利用した節税を図る高額所得者向け投資スキームが令和2年度税制改正で規制されることになりました。これは令和3年以降の国外 […]

Read more

居住用賃貸不動産に係る消費税還付スキームに対する令和2年度税制改正での規制にはどう対処すれば良いか

アパートやマンションなどの居住用賃貸不動産の取得に係る消費税還付スキームが、令和2年度税制改正で完全に規制されることになりました。すでに還付スキームを実行中の方やご検討予定であった方が今後どの様に対処すれば良いかについて […]

Read more