そうだったのか!相続・不動産

税理士がお薦めできない7つの相続税対策

先の税制改正で示された暦年課税贈与制度の見直し方針をきっかけに、経済雑誌等で相続(税)対策記事を目にする機会が多くなりました。商売柄Dマガジン等で興味を惹かれる記事に就いては内容をチエックしますが、見出しの割には目新しい […]

Read more

高額給与所得者のご夫婦から節税目的の不動産賃貸経営に関するご相談

大手法律事務所に勤めています。私と夫を合わせた年収は3千万円程です。資産運用も兼ねて、(インサイダー情報を保持している関係で株式等の取引が一切禁じられている事もあり)不動産投資に興味を持っています。節税目的で投資用不動産 […]

Read more

遺産分割協議では先ず預貯金を貰うこと、不動産は処分リスクや税負担等を考えると不利になる場合があります

遺産分割協議に於いて分割対象となる相続財産の価額は、相続税評価額ではなく遺産分割時点での時価で評価します。分割取得財産が多い少ないで相続人間で揉め、家庭裁判所の調停に持ち込まれることも少なくありません。取得財産の時価ベー […]

Read more

家族信託が本当に必要なケースとは? -税務上のデメリットが生じる場合も-

家族信託とは財産管理の一手法です。 資産を持つ者が特定の目的、例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付のために、その保有する不動産や預貯金等の資産を信頼できる家族に信託しその管理・処分を任せる」仕組みで […]

Read more

相続しても利用見込みがない実家は相続前・相続後の何れで処分する方が有利か?-相続税と所得税の合計では意外に負担差が少ない-

一長一短があり此方が良いと決めつける訳には行きませんが、個人的には相続前の自宅処分はお薦め出来ません。最近の日経新聞に「認知症 自宅の売却難題」と題する記事が掲載されました。認知症と診断されると、不動産売買契約その他の法 […]

Read more

小規模宅地等の特例の適用が受けられない子に実家の不動産を相続させたい方から配偶者居住権制度の利用に関するご相談

75歳の自営業者です。主な財産は都内の戸建て住宅(相続税評価額は建物1千万円・宅地1億円)と金融資産等が8千万円です。相続人は73歳の妻と既婚の娘の二人です。将来私に第一次相続が発生した場合、全ての財産を妻に相続させれば […]

Read more

永住権をお持ちの中国籍の方から帰国して中国に在るマンションを売却すれば日中トータルでの税負担が軽減出来るのではとのご相談

私は日本の永住権を持つ中国籍の会社員です。在留期間は15年になります。不動産高騰の折柄、中国に所有するマンション(親族に無償貸与中)の売却を考えています。中国では「満五唯一(満5年所有、唯一の住宅)」に該当すれば所得税が […]

Read more

母が父の遺産を全て相続すれば優遇措置で納付税額がないため態々申告をしなくても良いのではとのご質問

父の体調が思わしくないので母と相続対策を相談しています。相続人は母と私(既婚・別世帯)で、主な財産は都内に在る自宅1億円と金融資産8千万円です。万一の場合は分割協議に拠り母が全てを相続し、小規模宅地等の特例と配偶者の相続 […]

Read more

相続で取得した負の遺産である不動産を一定の負担により国へ帰属させることが出来る様になります

登記簿を調べても所有者が判明しない、或いは判明しても連絡が付かない「所有者不明土地」が増加の一途を辿っており、九州に匹敵する面積に達すると言われています。住環境の悪化を招き公共事業等の阻害要因となる為、平成30年に”所有 […]

Read more

公益法人等への土地の遺贈や寄付による相続税対策をお考えの方からのご相談

近畿圏の地方都市に在る実家で母が一人暮らしをしております。相続人は私だけです。150坪程の敷地に古家が建っていますが、相続が発生した場合には遠隔地のため維持管理や処分が大変そうです。公益法人等に遺贈(寄付)すれば、相続税 […]

Read more