そうだったのか!相続・不動産

海外不動産の相続税財産評価額はどう算定すれば良いのか?小規模宅地等の特例の適用は?

海外不動産に係る相続税の申告漏れが多い様です。ところで海外不動産の相続税評価額はどう算定すれば良いのでしょうか。また小規模宅地等の特例に拠る評価減は認められるのでしょうか。今回はこの辺りに付いてご説明します。 1.海外不 […]

Read more

相続税の税務調査の現状について

相続税の確定申告で税務調査が入る確率はどの程度あるのか、何時ごろ税務調査が入るのか、どの様な種類の相続財産に否認が出易いのか等に付いては税理士ならずとも知りたい処です。 今回は東京税理士主催の研修会での講義内容や配布資料 […]

Read more

住宅ローン控除の適用を受けていた自宅マンションの買換えに係る3千万円特別控除のご相談

45歳のサラリーマンです。子供達の成長に合せてもう少し広いマンションへの買換えを検討中です。現在の自宅は7年前に購入したもので、取得以降継続して住宅ローン控除の適用を受けています。買換えに伴い1千万円程度の売却益が出る見 […]

Read more

取得費不明の不動産売却に係る確定申告に付いてのお問合せ

亡くなった父から相続に由り取得した不動産を売却しましたが、宅地の購入金額が分かりません。全部事項証明書を見ると昭和50年7月売買に拠り取得とありますが、肝心の売買契約書が見当たりません。建物は建築請負契約書が残っていまし […]

Read more

同族株主が所有する非上場株式について技術論に偏った相続税対策には要注意

相続財産の評価は実勢価格を原則としつつも、政策的配慮や事務負担軽減のため幾つかの特例(簡便計算)を認めています。相続税対策の中には、本来の制度の趣旨を逸脱し、条文の間隙を突いた課税逃れと指弾されても仕方がないものがありま […]

Read more

こうすれば住宅取得等資金贈与の非課税措置を短期間に2回(最大42百万円)受けることが出来る

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合は、一定の要件を満たすことで贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。ところが平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続 […]

Read more

平成29年度税制改正で非居住者への国外財産の相続(贈与)の形を採った相続税(贈与税)対策が更に規制された

富裕層の相続税や贈与税対策として、財産を国外に移し、受取人も非居住者にした上で相続や生前贈与をする方法が一般に知られています。一見手の混んだ手法に思えますが、原理は至って簡単です。こうした課税回避行為に対し、平成29年度 […]

Read more

賃貸マンションやアパートの建設費に係る消費税還付のご報告

いつもお世話になっております。早速ですが、所轄税務署より消費税の還付金振込通知書が届きました。実際の入金には2週間程度掛る見込みですが、確定申告の通りに還付承認が下りた様です。14百万円と多額の還付申告でしたが、簡単な書 […]

Read more

過去に事業用資産の買換え特例を使っていたため取得費不明の不動産売却で推計取得費が認められなかった事例

都心のターミナル駅近くにある賃貸マンション1棟を1億3千万円で売却しました。父から相続で取得したものですが、土地の購入価額やマンションの建設費が分りません。父が昭和60年に店舗不動産を売却した資金で坪155万円の土地を購 […]

Read more

取得費不明の不動産売却に係る税務署への事前確認で市街地価格指数に拠る推計は認めないと回答された事例

取得費が全く分からない(契約書ほか何も残っていない)居住用一戸建て住宅の土地建物を売却したことに伴う推計取得費による確定申告の可否に関するご相談に伺いたいと考えております。 事案概要ですが、私の義理の母とその長女および次 […]

Read more