最近の税務トピックス

税制改正で家なき子と貸付事業用に係る小規模宅地等の特例適用が厳格化された

平成30年度税制改正で、居住用宅地等と貸付事業用宅地等に係る小規模宅地等の適用要件の厳格化が図られました。 1.特定居住用宅地等の適用に関する規制 特定居住用宅地等の特例の適用可否に付いては、(1)当該宅地等が被相続人等 […]

Read more

民法相続制度の重要な改正:配偶者居住権と特別寄与料の2制度が新設された

平成30年1月開催の通常国会に民法相続制度の改正案が提出されました。幾つかの重要な項目が含まれていますが、特に注目すべきは「配偶者居住権制度」と「特別寄与料制度」です。 1.配偶者居住権制度 相続発生後に、配偶者がそれま […]

Read more

土地に関する評価通達の重要な改正:広大地の評価が廃止され地積規模の大きな宅地の評価が新設された

平成30年1月1日以降の相続又は贈与から、地積が500㎡(3大都市圏以外は1000㎡)以上の広い宅地に適用される相続税評価通達が改正されました。 変更前の通達は「広大地の評価(24-4)」と呼ばれ、路線価地域に存在する広 […]

Read more

税制改正で一般社団法人等を利用した相続税や贈与税対策が規制される

平成30年度税制改正で、一般社団法人等の設立による過度の相続税・贈与税対策が規制されることになりました。 一般社団法人は株式会社などに比べると馴染みの薄い法人組織ですが、着実にその数は増えており、年間1万件近い新規設立が […]

Read more

海外の中古建物の減価償却費計算を利用した節税スキームが今後規制される可能性

日本の居住者が海外に所有する不動産を賃貸した場合、不動産の所在地国だけでなく日本でも不動産所得の確定申告をしなければなりません。二重課税が発生することもあり煩わしい手続きの筈ですが、積極的に節税策として活用される方が少な […]

Read more

相続法制の改正で配偶者の相続分その他の重要事項が変更される可能性があります

法務大臣の諮問機関である法制審議会で、民法(相続関係)の改正作業が進められています。早ければ平成29年中に改正案が提出される可能性があります。民法が変われば、相続税法も当然変わりますので、どの様な変更が検討されているか、 […]

Read more

国税庁公表の相続税申告の状況

先般国税庁から、平成27事務年度の相続税申告の状況が公表されました。被相続人(死亡者)数129万人のうち、相続税の申告を行ったものは10.3万人で割合は8.0%でした。前年実績が4.4%でしたから、25年度税制改正での基 […]

Read more

やはり出されたタワーマンション利用の節税規制

先日、全国紙に掲載された「高層マンションで相続税対策、国税庁が監視強化」と題する記事を見て、ギョッとされた方も少なからず居られると思います。 国税庁が全国の国税局に対して ”タワーマンションを使った過度の相続税対策がない […]

Read more

国税当局による超富裕層の重点管理強化

富裕層については、従来より税務署を主体にその資産状況等の重点管理が行われてきました。更に超富裕層である個人やその支配下にある法人に付いては、大都市圏の国税局(東京・大阪・名古屋)がプロジェクトチームを作り、調査・管理体制 […]

Read more

相続税対策には自ずと節度が必要ではないか?-全国紙記事への疑問-

新聞や経済紙が、過熱気味とも言えるほど相続税対策記事で賑わっています。勿論、有用な記事が多いのですが、中には読者に無用の誤解を与えるのではと懸念される記事も少なくありません。先日某全国紙に、”にっぽんの負担”と題するシリ […]

Read more