最近の税務トピックス

平成29年度税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

29年度税制改正のうち法人税関連は、大規模法人向け中心になりましたが、簡単にその内容をご説明します。 1.法人税確定申告書の提出期限の延長の特例 法人税の確定申告と納付は事業年度終了の日の翌日から2か月以内と定められてい […]

Read more

海外の中古建物の減価償却費を用いた節税スキームが今後規制される可能性

日本の居住者が海外に所有する不動産を賃貸した場合、不動産の所在地国だけでなく日本でも不動産所得の確定申告をしなければなりません。二重課税が発生することも有り,通常は煩わしい手続きですが、中には積極的にこれを節税策として利 […]

Read more

サブリースの長期家賃保証でトラブル多発との報道-契約内容の理解不足やリスク分析の欠落が原因

先日全国紙に、「家賃保証トラブル多発」「30年保証/破られた口約束」との見出しで、サブリース(業者の一括借入)による30年家賃保証に釣られてアパート経営に乗り出した大家から、トラブルの訴えが相次いでいるとの記事が掲載され […]

Read more

消費税率引上げ延期に伴い住宅ローン控除と住宅取得資金贈与非課税の金額上乗せが2年半延長されます

消費税率が10%に引上げられた場合、当然ながら住宅の取得にブレーキが掛ります。 この反動減対策として住宅ローン控除制度(所得税)では、平成31年6月30日までに居住の用に供した特定取得の住宅について、10年間合計で500 […]

Read more

老人ホームへ入所の場合は空き家の譲渡所得の特別控除の適用が認められない?

平成28年の税制改正で創設された「空家に係る譲渡所得の特別控除の特例」(詳しくは幣コラムの別稿をご参照下さい)ですが、被相続人が相続開始の直前に老人ホーム等に入居したことに因り、対象家屋に居住していなかった場合は適用が認 […]

Read more

相続法制の改正で配偶者の相続分その他の重要事項が変更される可能性があります

法務大臣の諮問機関である法制審議会で、民法(相続関係)の改正作業が進められています。早ければ平成29年中に改正案が提出される可能性があります。民法が変われば、相続税法も当然変わりますので、どの様な変更が検討されているか、 […]

Read more

相続で取得した空き家の実家売却に係る3千万円特別控除は節税メリットが大きい

平成28年税制改正で「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例制度」が創設されました。被相続人が居住していた家屋とその敷地を相続により取得した個人が譲渡した場合には、「居住用財産を譲渡した場合の3千万円特別控除」が受けられる […]

Read more

企業版ふるさと納税は、もう一工夫がないと普及しないのでは?

平成28年の税制改正で、4月1日から企業版ふるさと納税制度(地方創生応援税制)が導入されしました。 ”志のある企業による地方創生への貢献”との崇高なる理念のもと、個人版ふるさと納税の人気にあやかって類似名称でスタートさせ […]

Read more

平成28年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成28年度の税制改正も、前年と同様に法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針の下、法人実効税率の20%台への引下げが1年前倒しで実施され、この代替財源として課税ベースの拡大と外形標準課税の適用範 […]

Read more

国税庁公表の相続税申告の状況

先般国税庁から、平成27事務年度の相続税申告の状況が公表されました。被相続人(死亡者)数129万人のうち、相続税の申告を行ったものは10.3万人で割合は8.0%でした。前年実績が4.4%でしたから、25年度税制改正での基 […]

Read more