そうだったのか!相続・不動産

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用される

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more

相続税対策としての生命保険契約の利用が増えています

相続税対策の中でも、仕組みが簡単で実効性が高いものと言えばやはり生命保険契約の活用でしょう。理屈はそうでも、実際やるとなれば大変と言う相続税対策が多い中で、誰でも実行可能なプランです。税理士の立場からもお薦めできます。 […]

Read more

遺産分割で介護に伴う寄与分の主張はどの程度認められるか

遺言を残さず親が亡くなった場合、長男などが老後の面倒を見たからと寄与分を主張して、ほかの兄弟と揉めることがあります。 分割協議不成立ですと、家庭裁判所に「寄与分を定める調停申立」をすることになりますが、これには相応の弁護 […]

Read more

自宅不動産の含み損失を取り戻す目的で所得金額が多い在職中に住み替えるメリットは?

90年代以降にお家を買われた方は、残念ながら過半が含み損を抱えて居られると思います。一方、昨今の節税ブームで、”住宅ローンが残っていれば居住用不動産の売却損を給与所得その他から控除出来る” と言う […]

Read more

住宅取得資金贈与の非課税制度と住宅ローン控除制度を併用した節税策

1.住宅取得資金贈与の非課税制度と住宅ローン控除制度を併用する 住宅取得資金贈与の非課税制度は、有用な相続税対策の一つです。 平成27年度税制改正で、住宅取得資金贈与の非課税制度(措置法第70条の2)や住宅ローン控除制度 […]

Read more

賃貸マンションやアパート建設による相続税対策のデメリット

このところ、首都圏の住宅地価がやや反転傾向にあります。 尤もマクロ的に見れば、高齢化や人口減少による需給の悪化は避けられそうもないので、好調も精々2020年の東京オリンピックまでと言われています。 ところで、アパート建設 […]

Read more

取得費が分からない不動産を売却して何も対策を講じないと、殆んど譲渡利益にされてしまいます

“取得費不明の不動産の譲渡所得?それなら簡単。概算取得費控除の規定を使って、売却価額の5%を取得費とし、これに仲介手数料や境界確定に要する測量費等の譲渡費用を出せば直ぐに計算できる”と言う論旨明快な税理士さんが殆どかも知 […]

Read more

遺留分を良く考量して遺言書を作成する必要がある

遺言書を作るには、遺留分を考慮しなければならないと言うのは皆さん良くご存知でしょう。 ところが実際に遺留分を計算するとなると結構大変です。理由は3つあります。 ①相続財産の他に、遺贈財産ゃ生前贈与などの特別受益額を全て反 […]

Read more

相続税対策としての生前贈与はどの程度の金額にすれば良いか?

愈々今年(平成27年)から相続税の基礎控除が大幅に引下げられます。相続税対策として生前贈与の検討をされている方が多い様ですが、どの程度の金額にすれば良いかでお悩みの様です。過去の相談事例を基にご説明しましょう。 Q 父は […]

Read more

居住用不動産を売却(買換え)する場合は、必ず5つの優遇制度をチエックすること

不動産の譲渡所得は分離課税とされており、正しく申告するには結構手間が掛かりますが、ここではこれだけ知って居れば大きく方向性を間違うことがない5つのポイントに絞って簡潔にご説明します。 先ず、売却益が出るのか、売却損が出る […]

Read more