そうだったのか!相続・不動産

平成21年又は平成22年に取得した土地を平成28年以降に売却すると1千万円特別控除が受けられる

不動産市況が不冴えの頃に創設されたパッチワーク的な制度なので、ご存じない方も居られると思いますが、「平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1千万円特別控除」が平成27年の譲渡から適用開始になりました。特 […]

Read more

想定外のリスクがあるため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more

税理士がお薦めする3つのオーソドックスな相続税対策

相続税対策には幾つかのパターンがあります。多く見られるのは、①時価と相続税評価額の乖離を利用したもの、②贈与税や相続税の非課税制度を利用したもの、そして③納税義務者の課税財産範囲を利用したもの、です。この他にも、非上場株 […]

Read more

上海に所有する居住用マンションの売却益は中国・日本の何れで申告する方が有利か?

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、所得税納付は売却時点(売買契約書の日付)で日本に居住 […]

Read more

子が小規模宅地等の特例要件を満たさない場合は孫に遺贈する方法がある

先日、全国版の経済紙に、興味深い記事が掲載されていました。大凡の話はこうです。   「事例:母親が住んでいる都心の実家が有る。同居親族はいない。子供たちは何れも独立して夫々持ち家を所有している。此の儘の状態で相 […]

Read more

相続しても空き家になる実家は親の生前中に売却した方が有利になる

人口の減少や核家族化に伴い、空き家問題が深刻化しつつあります。これは地方に限らず都市部でも同様です。2014年11月に空き家対策法(空き家等対策に関する特別措置法)が制定されました。中味は、行政府による立入調査権や特定空 […]

Read more

非上場株式の生前贈与による事業承継制度の有効活用

60才台の会社経営者です。事業内容は、大手ホテル内のセルフランドリー機器のレンタルと保守で、全国展開をして居ります。ニッチな業界ですが、お蔭様で業績は好調です。男女2人の子供が居り、長男は会社の営業を担当しています。非上 […]

Read more

一時払い終身保険を利用した相続税対策のご相談

  「生命保険契約を使った相続税対策」のコラムを拝見しました。同居中の母は現在87才ですが、この処一段と老いが目立つ様になりました。亡くなった父から相続した自宅や株式・預貯金等が有り、万一の場合は相続税の確定申 […]

Read more

相続時精算課税制度を利用することの得失はこうして判断する

 相続時精算課税の申告でご相談に来所されるのは、60才台の親御さんと3~40才台の子供さんの組合せで、新たに住宅を購入されるケースが多い様です。 ご存知の通り、相続時精算課税制度では一定の要件を満たせば、住宅取得資金贈与 […]

Read more

店舗併用住宅のリフォームに係る住宅ローン控除を失念した自営業の方からのご相談

美容院を営む自営業者です。店舗兼自宅が老朽化したので耐震補強を目的に、平成25年に大規模リフォーム工事を実施しました。費用は7百万円で、内5百万円は銀行ローンを利用しています。平成25年と26年の確定申告は期限内に済ませ […]

Read more