そうだったのか!相続・不動産

リスクが有るため慎重な対応が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more

税理士がお薦めするオーソドックスな3つの相続税対策

相続税対策には幾つかのパターンがあります。多く見られるのは、①時価と相続税評価額の乖離を利用したもの、②贈与税や相続税の非課税制度を利用したもの、そして③納税義務者の課税財産範囲を利用したもの、です。③は国外財産を贈与税 […]

Read more

相続しても空き家になる実家は親の生前中に売却した方が有利

人口の減少や核家族化に伴い、空き家問題が深刻化しつつあります。これは地方に限らず都市部でも同様です。2014年11月に空き家対策法(空き家等対策に関する特別措置法)が制定されました。中味は、行政府による立入調査権や特定空 […]

Read more

相続税対策として非居住者である子に海外資産の贈与を検討されている方からのご相談

元サラリーマンです。中近東での勤務が長かったのでスイスの銀行に纏まった預金を所有しています。相続税対策としてこれで海外不動産を購入し、フランスに住む長女に生前贈与してはどうかと考えています。非居住者に海外不動産を贈与する […]

Read more

一時払い終身保険を利用した相続税対策のご相談

  「生命保険契約を使った相続税対策」のコラムを拝見しました。同居中の母は現在87才ですが、この処一段と老いが目立つ様になりました。亡くなった父から相続した自宅や株式・預貯金等が有り、万一の場合は相続税の確定申 […]

Read more

親から子へ資金援助をするとき相続時精算課税制度と暦年課税の何れを選択した方が有利か?

 相続時精算課税の申告でご相談に来所されるのは、60才台の親御さんと3~40才台の子供さんの組合せで、新たに住宅を購入されるケースが殆んどです。 ご高承の通り、相続時精算課税制度では一定の要件を満たせば、住宅取得資金贈与 […]

Read more

名義預金による相続税対策は税務調査で否認されるリスクが大きい

相続財産リストの作成で税理士が最も気を使うのが、現預金と株式その他の金融商品です。 理由は、税務調査で申告漏れとして指摘される相続財産のうち約6割が現預金と金融商品だからです。素人でも簡単に把握できるし、評価の手間も掛ら […]

Read more

取得費が分からない不動産を売却して何も対策を講じないと、殆んど譲渡利益として課税される

取得費不明の不動産の譲渡所得?それなら簡単。概算取得費控除の規定を使って、売却価額の5%を取得費とし、これに仲介手数料や境界確定に要する測量費等の譲渡費用を出せば直ぐに計算できる”と言う論旨明快な税理士さんが殆どかも知れ […]

Read more

遺留分を良く考慮して遺言書を作成しないと後々揉め事の原因になる

遺言書を作るには、遺留分を考慮しなければならないと言うのは皆さん良くご存知でしょう。 ところが実際に遺留分を計算するとなると結構大変です。理由は3つあります。 ①相続財産の他に、遺贈財産ゃ生前贈与などの特別受益額を全て反 […]

Read more

同族株主が所有する非上場株式の行き過ぎた相続税対策は税務調査で問題になる

相続財産の評価は実勢価格を原則としつつも、政策的配慮や事務負担軽減のため幾つかの特例(簡便計算)を認めています。相続税対策の中には、本来の制度の趣旨を逸脱し、条文の間隙を突いた課税逃れと指弾されても仕方がないものがありま […]

Read more