そうだったのか!相続・不動産

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

米国の不動産売却益に係る日本での確定申告と外国税額控除のやり方

友人(米国人)と共同所有するカリフォルニア州の不動産(非居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲイン […]

Read more

非居住者への相続や贈与に適用される国外転出時課税制度の盲点

国外転出時課税制度では、時価1億円以上の有価証券等を保有する一定の個人が国外に転出するケースのほか、該当する個人から相続・遺贈・贈与により非居住者が有価証券等を取得する場合にも、みなし譲渡益課税が行われます。平成27年7 […]

Read more

祖母が孫に時価ではなく相続税評価額でマンションを譲渡するとどうなるか?

私の母は自宅の他に幾つかの賃貸マンションを所有しています。高齢なので相続財産を減らしたいと思いますが、相続税評価額で私の長男にマンションを譲渡すると何か問題があるでしょうか?   結論から申し上げますと、お母様 […]

Read more

平成21年又は平成22年に取得した土地を平成28年以降に売却すると1千万円特別控除が受けられる

不動産市況が不冴えの頃に創設されたパッチワーク的な制度なので、ご存じない方も居られると思いますが、「平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1千万円特別控除」が平成27年の譲渡から適用開始になりました。特 […]

Read more

想定外のリスクがあるため慎重な検討が必要な3つの相続税対策

別稿の「お薦め出来る3つの相続税対策」には共通点があります。資金の流出が無い、又はあっても親族間の移動に過ぎない、若しくは支出した金額以上の回収が契約上確定していることです。税務の取扱いが変更されるリスクも限定されていま […]

Read more

税理士がお薦めする3つのオーソドックスな相続税対策

相続税対策には幾つかのパターンがあります。多く見られるのは、①時価と相続税評価額の乖離を利用したもの、②贈与税や相続税の非課税制度を利用したもの、そして③納税義務者の課税財産範囲を利用したもの、です。この他にも、非上場株 […]

Read more

上海に所有する自己居住用マンションの売却は、中国在住時或いは日本へ帰国後の何れで行う方が有利かとのご相談

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、日本での所得税申告は売却時点(売買契約書の日付)で日 […]

Read more

子が小規模宅地等の特例要件を満たさない場合は孫に遺贈する方法がある

先日、全国版の経済紙に、興味深い記事が掲載されていました。大凡の話はこうです。   「事例:母親が住んでいる都心の実家が有る。同居親族はいない。子供たちは何れも独立して夫々持ち家を所有している。此の儘の状態で相 […]

Read more

相続しても空き家になる実家は親の生前中に売却した方が有利

人口の減少や核家族化に伴い、空き家問題が深刻化しつつあります。これは地方に限らず都市部でも同様です。2014年11月に空き家対策法(空き家等対策に関する特別措置法)が制定されました。中味は、行政府による立入調査権や特定空 […]

Read more