そうだったのか!相続・不動産

区分所有登記された二世帯住宅は、同一生計か否かが小規模宅地等の特例適用の鍵になります

    二世帯住宅が建つ親所有の敷地について、相続により取得した子が小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、建物の所有を ①親若しくは子による単独所有 又は②親と子による持分共有登記 にして下さい。 […]

Read more

リバースモーゲージを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとして取扱金融機関の数も増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思います。 ただ制度の仕組 […]

Read more

名義預金を取り繕って相続税申告をすると税務調査でのリスクが大きい

相続財産リストの作成で税理士が最も気を使うのが、現預金と株式その他の金融商品です。 理由は、税務調査で申告漏れとして指摘される相続財産のうち約6割が現預金と金融商品だからです。素人でも簡単に把握できるし、評価の手間も掛ら […]

Read more

サブリース(一括借上げ)会社設立による不動産賃貸事業の法人化

個人のマンションやオフィス賃貸事業の法人化には、不動産管理会社や不動産所有会社の形態が多く用いられてきました。ただ何れも一長一短があり、特に前者については法人の組織や経営の実態、役員報酬の妥当性等が税務で問題とされること […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。ところが、殆んどの相続では相続財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大事になりかねません。また個別事情も異なるため、われわれ税理士も判断に迷うこ […]

Read more

小規模宅地等の特例を受けるため無理に自宅を処分して”家なき子” になる必要はありません

母親が実家に一人暮らしだが、自分はマンションを買って家族で住んでいる。いざ相続が発生すると、所謂”家なき子”には該当しないので、小規模宅地等の特例の適用が受けられないため、多額の相続税が発生する惧れがある。 どうしたもの […]

Read more

結婚・子育て資金の一括贈与非課税制度のポイント

結婚・子育て資金の一括贈与に係る非課税制度が平成27年4月1日より適用開始になりました。 資金使途が子や孫の結婚・子育て資金となると、従来から贈与税の課税対象外として、ごく当たり前に世間で行われていたことなので、何を今更 […]

Read more

国外転出時課税制度は、サラリーマンの海外転勤や非居住者への贈与・相続にも適用されます

  平成27年度の税制改正で、いよいよ平成27年7月1日から国外転出時課税制度(国外転出をする場合の譲渡所得等の特例)の適用が始まりました。困ったことに、国境を跨る富裕層による意図的な節税封じだけでなく、世間一 […]

Read more

相続税対策としての生命保険契約の利用が増えています

相続税対策の中でも、仕組みが簡単で実効性が高いものと言えばやはり生命保険契約の活用でしょう。理屈はそうでも、実際やるとなれば大変と言う相続税対策が多い中で、誰でも実行可能なプランです。税理士の立場からもお薦めできます。 […]

Read more

遺産分割で介護に伴う寄与分の主張はどの程度認められるでしょうか?

遺言を残さず親が亡くなった場合、長男などが老後の面倒を見たからと寄与分を主張して、ほかの兄弟と揉めることがあります。 分割協議不成立ですと、家庭裁判所に「寄与分を定める調停申立」をすることになりますが、これには相応の弁護 […]

Read more