そうだったのか!相続・不動産

配偶者居住権を利用した相続税対策

平成30年の民法(相続法)改正に関する小職の解説記事「平成30年の民法改正に依る重要な変更点-配偶者居住権/特別寄与料/その他」で、”創設された配偶者居住権(長期)を利用した租税回避行為が増加する可能性があり、今後の成り […]

Read more

節度がない不合理な相続税対策は否認されるリスクがあります。金融機関の提言を鵜呑みにしてはいけません。 -最近の東京高裁判決-

相続直前に銀行から多額の借入をし、賃貸用不動産を取得して相続税負担を免れた事案につき、令和3年4月27日に東京高裁は、財産評価基本通達第6項(この通達の定めに拠り難い場合の評価)に基づく更正処分を適法とする判決を下しまし […]

Read more

奥様がご主人の全ての遺産を相続すると、第二次相続を合せた税負担が不利になる場合とは

老夫婦世帯で御主人に相続が発生した場合、残された妻が遺産の全てを取得されることが多い様です。これは小規模宅地等の特例と配偶者の相続税額軽減規定(最大160百万円)を使えば、第一次相続では相続税支払いの必要がなくなることが […]

Read more

市街地にある広めの宅地は、旗竿地形状等での複数人に拠る分割取得が相続税対策として有効です

市街地に在る少し広めの住宅敷地の相続税対策として用いられるのが、複数の相続人による分割取得です。宅地は地目の異なる毎、利用目的(自用・貸付用・貸家の敷地用など)の異なる毎に ”1区画の宅地” として評価しますが、贈与や遺 […]

Read more

考えている以上に厳しい相続税の税務調査

相続税の申告で税務調査が入る確率はどの程度あるのか、何時ごろ税務調査が入るのか、どの様な事案に調査が入り易いのか等は税理士ならずとも知りたい処です。今回は東京税理士会主催の研修会での講義内容や配布資料その他を基に、情報を […]

Read more

ご主人が亡くなられた場合、自宅を含む遺産総額が1.6億円以下なら全て奥様が相続されることをお薦めします

老後2千万円問題が世間を騒がせています。政府は的外れの議論だとして火消しに躍起になっていますが、これが核心を突いた問題提起であることは誰の眼にも明らかです。 大手企業を退職された方が受取る年金の多くが、基礎年金・厚生年金 […]

Read more

自宅売却に係る節税や相続税対策としての贈与税の配偶者控除制度に関するご相談

都内の一軒家に住む78才と75才の老夫婦です。現在は共に健康ですが、自分達で対応できる内に自宅処分を含む今後の資金対策を講じたいと思います。自宅処分に付いては、親から相続した土地なのでかなりの売却益が出ると思います。恐ら […]

Read more

事業承継税制の特例と土地低額譲渡を利用した非上場会社の相続税対策

頭の体操です。実際にやるかどうかは兎も角、税理論上はこうなると言う話です。 甲は運送業を営む非上場会社の代表取締役で、全株式を所有しています。財産は相続税評価額ベースで、金融資産3億円・土地5億円(小規模宅地特例の対象外 […]

Read more

海外赴任で自宅を法人に賃貸されている方は日本で不動産所得の確定申告をしないと損をします

転勤シーズンを迎えました。海外勤務の辞令を受け、家族帯同で赴任される方も居られるでしょう。空き家では建物が痛むし住宅ローンの返済もあるため、自宅を賃貸に出される方が殆んどだと思います。そうすると非居住者の課税対象となる不 […]

Read more

居住用賃貸不動産の建設費に係る消費税還付スキームが税務当局により否認された事例とは

最近の税務業界誌に、”賃貸住宅用不動産購入の消費税還付スキーム、規制後に於ける否認リスクとは” と題する興味深い記事が掲載されました。本テーマは私共の事務所が注力している処であり、実際に選択一期目と二期目の合計で数千万円 […]

Read more