そうだったのか!相続・不動産

負の遺産となる空き家や農地等を相続放棄するとどうなるか?

登記簿を調べても所有者が判明しない、或いは判明しても連絡が付かない「所有者不明土地」が増加の一途を辿っており、九州に匹敵する面積に達していると言われています。住環境の悪化を招き公共事業等の阻害要因となる為、平成30年に” […]

Read more

事業承継税制の特例と土地低額譲渡を利用した非上場会社の相続税対策

頭の体操です。実際にやるかどうかは兎も角、税理論上はこうなると言う話です。 甲は運送業を営む非上場会社の代表取締役で、全株式を所有しています。財産は相続税評価額ベースで、金融資産3億円・土地5億円(小規模宅地特例の対象外 […]

Read more

海外赴任で自宅を法人に賃貸されている方は日本で不動産所得の確定申告をしないと損をします

転勤シーズンを迎えました。海外勤務の辞令を受け、家族帯同で赴任される方も居られるでしょう。空き家では建物が痛むし住宅ローンの返済もあるため、自宅を賃貸に出される方が殆んどだと思います。そうすると非居住者の課税対象となる不 […]

Read more

取得費不明の相続した土地の譲渡に係る2017年12月13日付け裁決事例から読み取れること

国税不服審判所は、取得費不明の相続した土地の譲渡に係る長期譲渡所得の金額に関する裁決で、控除すべき取得費の金額は売主側が作成した土地管理台帳に記載された金額とするのが相当であるとして、審査請求人及び課税庁の主張を夫々退け […]

Read more

居住用賃貸不動産の建設費に係る消費税還付スキームが税務当局により否認された事例とは

最近の税務業界誌に、”賃貸住宅用不動産購入の消費税還付スキーム、規制後に於ける否認リスクとは” と題する興味深い記事が掲載されました。本テーマは私共の事務所が注力している処であり、実際に選択一期目と二期目の合計で数千万円 […]

Read more

子から親に相続の話を持出すと藪蛇になることがあります

「30~50代を対象に行った調査に依れば、相続の話をしたことがない親子の割合は6割であった」との新聞報道がありました。意外に少ない気もしますが、理由としては ”親がまだ元気で必要性を感じない” とか ”会話する程資産があ […]

Read more

消費税率引上げによる2つの住宅取得等資金贈与の非課税限度額を利用すれば最大42百万円の節税策が可能になる

父母や祖父母など直系尊属から金銭の贈与を受け、住宅用家屋の新築・取得・増改築等をした場合に、一定の要件を満たせば贈与税の非課税措置の適用を受けることが出来ます。平成29年度税制改正で、この適用を短期間に2回続けて受ければ […]

Read more

非居住者への国外財産の相続(贈与)による節税策が更に規制されました

富裕層の相続税や贈与税対策として、財産を国外に移し受取人も非居住者になった上で、相続や生前贈与をする方法が一般に知られています。一見手の混んだ手法に見えますが、原理は至って簡単です。こうした課税回避行為に対し、平成29年 […]

Read more

海外の中古建物の減価償却費計算を利用した富裕層の節税スキーム

日本の居住者が海外に所有する不動産を賃貸した場合、不動産の所在地国だけでなく日本でも不動産所得の確定申告をしなければなりません。二重課税が発生することもあり煩わしい手続きの筈ですが、積極的に節税策として活用される方が少な […]

Read more

居住用賃貸不動産の建設費に係る消費税還付金の入金報告

いつもお世話になっております。早速ですが、所轄税務署より消費税の還付金振込通知書が届きました。実際の入金には2週間程度掛る見込みですが、確定申告の通りに還付承認が下りた様です。14百万円と多額の還付申告でしたが、簡単な書 […]

Read more