雑感

■ みなかみ紀行 草津温泉

鳥打帽にお気に入りのマントを羽織り、尻っぱしょりの股引・脚絆姿で、さすらいの詩人若山牧水は沼津の自宅を出発し信州の佐久に向かいます。大正11年10月14日の早朝、名作「みなかみ紀行」の始まりです。旅の目的は、佐久新聞社主 […]

Read more

■ 奈良 興福寺十二神将

ついそこまで台風が迫っている最中、興福寺の仏像を拝観してきました。 藤原氏の氏寺として栄えた興福寺には、多くの貴重な仏像が残されて居り、国宝指定の仏像彫刻の実に15%を所有すると言われています。中でも、人を虜にする端正な […]

Read more

■ 北海道 美瑛

北海道のほぼ中央、美しい丘陵風景と花畑で知られる美瑛を訪れ、観光立国としての日本が今後進むべき道標を見た様な気がします。キーワードは「人の力」です。 美瑛の外観ですが、駅周辺及び郊外とも華美さは無いものの、シンプルなデザ […]

Read more

■ 茨城 古河歴史博物館

台風一過の青空、急に思い立ち北関東の古河へと車を走らせました。 渡良瀬川と利根川が合流する辺り、古より水陸交通の要所として栄えた古河は、万葉集にも許我の渡り(こがのわたり)として登場します。日本史を受験された方は、5代鎌 […]

Read more

■ 京都 西本願寺

京都駅の北方、下京区に何れも本願寺と呼ばれる2つの巨大な伽藍があります。 堀川通り沿いにあるのが西本願寺(浄土真宗本願寺派)、烏丸通り沿いにあるのが東本願寺(真宗大谷派)です。共に親鸞を開祖とする浄土真宗の寺院ですが、何 […]

Read more

■ 松本 サイトウ・キネン・フェステイバル

9月初めの信州は、日差しは強いものの爽やかな風が吹いています。安曇野の畑には白い蕎麦の花が咲き始めました。 松本市では、この時期恒例のサイトウ・キネン・コンサートが開かれます。今年のメインプログラムは、R.シュトラウスの […]

Read more

■ 京都 東寺

新幹線が京都駅のホームを離れると、間もなく南西方向に五重塔が見えます。 東寺真言宗の総本山、教王護国寺です。創建は今から1200年前、平安遷都に伴い朱雀大路の南詰めに、西寺と対で官寺として建立されました。その後、嵯峨天皇 […]

Read more

■ 京都 神泉苑

古の平安京大内裏は京都御所の西方、丁度二条城の北側辺りにあった様です。現在は狭い路地に町家が立ち並ぶ庶民的な佇まいになっており、曾てここが宮中であったことなど偲ぶ縁もありません。僅かに民家の軒先に平安京内裏弘徽殿跡と書か […]

Read more

■ 栃木 巴波川舟行

ゴールデンウイークの前半、カミさんと栃木市へドライブに出掛けました。日光例幣使街道の宿場町や巴波川(うずまがわ)舟運の河港として栄え、かっては栃木県庁も置かれた伝統ある北関東の商都ですが、産業や交通の変遷に取り残され、今 […]

Read more

■ 甲府 武田神社

山梨の温泉と果物そしてホウトウ鍋がお気に入りで、年に数回は愛車を駆って訪れます。笹子トンネルの崩落事故以来、何とは無しに足が遠のいていましたが、春の陽気に誘われ急に思い立って遠出することにしました。尤も事故現場を抜ける際 […]

Read more