相続税&贈与税

教育資金非課税口座からの払出しに係る使途制限に関するご質問

[教育資金の一括贈与に係る非課税制度について] 教育資金非課税口座を開設しております。先生の記事によると教育資金以外の支出も可能との事ですが、銀行に聞いても、やった事がないから分らない、税務署で聞いてくれと言うのですが、 […]

Read more

貸付事業用の小規模宅地等の特例に付いてのご相談

被相続人の死去に伴い遺言により建物、借地権を取得した受遺者について、貸付事業用宅地等として小規模宅地等の特例が適用できるかどうかご教示下さい。状況は大凡次の通りです。 ①被相続人は借地上に建物を建て、一親等内の姻族に賃貸 […]

Read more

生前に親名義の多額の預貯金を自分名義の預貯金に移された相続人の方から相続税確定申告のご相談

昨年8月末に亡くなった母の相続に関して、今年4月に所轄税務署から「相続税の申告等についてのご案内が」送られて来ました。因みに相続人は私を含む兄弟3人です。相続財産(不動産は有りません)は死亡保険金を除くと4千万円で、基礎 […]

Read more

私道を挟んだ隣地を取得した場合の居住用小規模宅地等の特例に付いてのご相談

父から相続した古い戸建て住宅に、母が一人で暮らしています。隣地が売りに出される様なのでこれを母が購入し、自宅の新築を考えています。将来母の相続が発生した場合に、新旧の宅地全体(330㎡超)で小規模宅地等の特例(居住用)の […]

Read more

税務署から「相続税の申告等についてのご案内」が送られてきた場合はどう対応すれば良いかとのご相談

父が亡くなくなりましたが、6か月後に税務署から母の許に「相続税の申告等についてのご案内」と「相続税の申告要否検討表」が郵送されてきました。相続人は母と私ども姉妹の3人です。相続財産は基礎控除額の範囲内にほぼ収まる筈なので […]

Read more

アパートや駐車場の敷地に小規模宅地等の特例を適用する場合の留意点

小規模宅地等の特例は、被相続人等の居住の用に供されていた宅地等の他に、事業の用に供されていた宅地等にも適用があります。事業用は貸付事業用と貸付事業用以外の事業用とに区分され、両者で適用要件や評価割合が異なります。これはア […]

Read more

相続財産が未分割の場合の配偶者の相続税額軽減や小規模宅地等の特例に付いてのご相談

主人が亡くなってから3年8カ月が過ぎました。相続財産は自宅及び生命保険金・死亡退職金・金融資産を併せて時価で2億円程です。法定相続人は私と娘2人ですが、種々事情が有ってこれまで遺産分割をしておらず、相続税の申告書も出して […]

Read more

分筆されていない宅地には小規模宅地等の特例の適用がないとの誤解

半年前に夫が亡くなりました。相続人は私と長男・長女です。相続財産中に都心に近い200坪程の宅地が有りますが、15年以上前に夫が義父から相続で取得したものです。義母・夫の共有名義で、夫の持分は50%です。宅地の利用状況は、 […]

Read more

区分所有登記された二世帯住宅は同一生計か否かが小規模宅地等の特例適用の鍵

    二世帯住宅が建つ親所有の敷地について、相続により取得した子が小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、建物の所有を①親若しくは子による単独所有、又は②親と子による持分共有にして下さい。③親と子 […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。われわれ税理士も判断に迷うことが少なくありません。ところが相続では財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大変なことになります。若し間違えて申告す […]

Read more