相続税&贈与税

子が小規模宅地等の特例要件を満たさない場合は孫に遺贈する方法がある

先日、全国版の経済紙に、興味深い記事が掲載されていました。大凡の話はこうです。   「事例:母親が住んでいる都心の実家が有る。同居親族はいない。子供たちは何れも独立して夫々持ち家を所有している。此の儘の状態で相 […]

Read more

区分所有登記された二世帯住宅は同一生計か否かが小規模宅地等の特例適用の鍵

    二世帯住宅が建つ親所有の敷地について、相続により取得した子が小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、建物の所有を①親若しくは子による単独所有、又は②親と子による持分共有にして下さい。③親と子 […]

Read more

小規模宅地等の特例を間違えて申告した場合はどうすれば良いか?

小規模宅地等の特例に関する法令・通達は複雑かつ難解です。われわれ税理士も判断に迷うことが少なくありません。ところが相続では財産に占める宅地等の割合が大きいので、この適用を間違えると大変なことになります。若し間違えて申告す […]

Read more

小規模宅地等の特例を受けるため無理に自宅を処分して”家なき子” になる必要はない

母親が実家の一戸建てに一人暮らしだが、自分はマンションを買って家族で住んでいる。若し相続が発生すると、所謂”家なき子”には該当しないため小規模宅地等の特例の適用が受けられず、多額の相続税が発生する惧れがある。どうしたもの […]

Read more

賃貸マンションやアパート建設による相続税対策のデメリット

このところ、首都圏の住宅地価がやや反転傾向にあります。 尤もマクロ的に見れば、高齢化や人口減少による需給の悪化は避けられそうもないので、好調も精々2020年の東京オリンピックまでと言われています。 ところで、アパート建設 […]

Read more

遺産分割協議書の捺印後に疑問や不信が出てきた方からのご相談

亡くなった父の遺産分割と確定申告を昨年行いましたが、遺言執行人である弁護士や提携税理士の説明に納得が行きません。どうすれば良いか、御意見を頂戴出来ないでしょうか? 先日、スポット相談のお客様が見えられました。ざっと、こん […]

Read more

同一敷地内に親子の居住用家屋が別々に2棟建っている場合の小規模宅地等の特例適用に関するご質問

都内に高齢の母名義の宅地が2筆あります。隣り合わせの宅地で、1筆には母(独居)の居住用家屋が、もう1筆には長兄家族の居住用家屋が建っています。長兄の居住用家屋は長兄の所有で、母への借地料支払はありません。相続人は、長男の […]

Read more

相続税の期限内申告書を提出しなかった方から小規模宅地等の特例適用に関するご相談

1年前に父が亡くなりました。相続財産は、都内にある自宅(地積40坪の古い一戸建て)と3千万円程の現預金並びに上場株式です。自宅その他、遺産の大部分は母が相続しました。小規模宅地等の特例の適用を受ければ、遺産総額が基礎控除 […]

Read more

相続時精算課税制度を利用したアパートの贈与についてのご相談

アパートを所有しています。娘に生前贈与すれば、相続税対策以外に娘夫婦の生活の足しにもなると思います。どの様にすれば、税金が安くて済むかアドバイスをお願いします。 相続税対策の基本は生前贈与です。毎年子や孫に110万円ずつ […]

Read more

法定相続人に係る遺留分の減殺請求についてのご相談

信託銀行から連絡が有り、先日亡くなった姉妹の相続に関する説明が法定相続人に対して行われました。私共は5人兄弟姉妹で、今般亡くなったのは長女。存命しているのは三男の私と次女だけで、その他の兄弟は既に死亡(夫々実子あり)して […]

Read more