所得税(不動産の譲渡及び貸付)

居住用と事業用に併用されている共有不動産を譲渡した場合の3千万特別控除の適用は?

今シーズンも共有不動産売却に伴う税務申告のご依頼が何件か有りました。親子で共有しているが親世帯(又は子世帯)だけが住んでいるケースとか、相続で兄弟が取得したが長期間空き家になっているケース等、3千万円特別控除の適用につい […]

Read more

賃貸併用住宅に係る住宅ローン控除の確定申告

昨年の春、所有地(母と私で各2分の1を共有)に4階建ての賃貸マンションを新築しました。4階部分は家族の居住専用フロアーです。約2億円の銀行借入金が有りますので、住宅ローン控除のための確定申告をしたいと思います。賃貸併用住 […]

Read more

米国の不動産売却益に係る日本での確定申告と外国税額控除のやり方

友人(米国人)と共同所有するカリフォルニア州の不動産(非居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲイン […]

Read more

上海に所有する居住用マンションの売却益は中国・日本の何れで申告する方が有利か?

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、所得税納付は売却時点(売買契約書の日付)で日本に居住 […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その2 減価償却費-

不動産賃貸において、税法規定に従い減価償却費を適正に計上するのは中々厄介です。納税者ご自身で作成された申告書を拝見しても、良くこれで通るものだと感心(?)することが少なく有りません。 それはさて置き、今回は不動産賃貸に係 […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務 -実務編その1 修繕費-

不動産賃貸の会計・税務で、他の事業と異なる特徴として、修繕費・減価償却費・消費税などに関連する処理が挙げられます。 税務のルールを順守し、且つその枠内で税負担を極力軽減するための施策を、実務に即した形で検討したいと思いま […]

Read more

不動産賃貸の会計・税務  - 基礎となる必須知識 -

1.所得区分 アパートやマンション・駐車場等の賃貸に係る所得税の税務申告は、不動産所得として申告します。下宿やホテルの様に食事を供する場合は、事業所得或いは雑所得になりますが、基本は不動産所得です。 土地の賃貸のうち、借 […]

Read more

夫婦の共有財産である自宅の売却と買換え

郊外の自宅を売却して、都内への買換えを予定しています。自宅の売却見込み額は約1億円です。70年代に地主から2千万円で買った土地に、3千万円を掛けて注文住宅を建てたもので、これまで2回ほど改築を行っています。所有権は土地建 […]

Read more

取得費が分からない不動産を売却して何も対策を講じないと、殆んど譲渡利益にされてしまいます

“取得費不明の不動産の譲渡所得?それなら簡単。概算取得費控除の規定を使って、売却価額の5%を取得費とし、これに仲介手数料や境界確定に要する測量費等の譲渡費用を出せば直ぐに計算できる”と言う論旨明快な税理士さんが殆どかも知 […]

Read more

米国に所有する不動産売却益や賃貸収入の申告についてのご相談

所得税の確定申告時期が、近付いて参りました。昨年から国外財産調書を出しており、今年度も提出の予定です(出さないと罰則があるそうなので)。ところが、これまで米国に所有する不動産(1件は自己使用、1件は賃貸)に関連した日本で […]

Read more