最近の税務トピックス

企業版ふるさと納税は、もう一工夫がないと普及しないのでは?

平成28年の税制改正で、4月1日から企業版ふるさと納税制度(地方創生応援税制)が導入されしました。 ”志のある企業による地方創生への貢献”との崇高なる理念のもと、個人版ふるさと納税の人気にあやかって類似名称でスタートさせ […]

Read more

平成28年税制改正 中小法人が抑えるべきポイント

平成28年度の税制改正も、前年と同様に法人税改革がメインになっています。経済成長重視のいわゆる骨太方針の下、法人実効税率の20%台への引下げが1年前倒しで実施され、この代替財源として課税ベースの拡大と外形標準課税の適用範 […]

Read more

国税庁公表の相続税申告の状況

先般国税庁から、平成27事務年度の相続税申告の状況が公表されました。被相続人(死亡者)数129万人のうち、相続税の申告を行ったものは10.3万人で割合は8.0%でした。前年実績が4.4%でしたから、25年度税制改正での基 […]

Read more

上場株式の相続税財産評価見直しの動き

上場株式の相続税財産評価額は、課税時期の終値とされています。課税時期の属する月・前月・前前月の月中平均との比較も可能ですが、基本は相続時の時価です。不動産の評価など軽減措置のある財産と比較すると、明らかに実質税負担が重く […]

Read more

やはり出されたタワーマンション利用の節税規制

先日、全国紙に掲載された「高層マンションで相続税対策、国税庁が監視強化」と題する記事を見て、ギョッとされた方も少なからず居られると思います。 国税庁が全国の国税局に対して ”タワーマンションを使った過度の相続税対策がない […]

Read more

非居住者への相続や贈与に適用される国外転出時課税制度の盲点

国外転出時課税制度では、時価1億円以上の有価証券等を保有する一定の個人が国外に転出するケースのほか、該当する個人から相続・遺贈・贈与により非居住者が有価証券等を取得する場合にも、みなし譲渡益課税が行われます。平成27年7 […]

Read more

国税当局による超富裕層の重点管理強化

富裕層については、従来より税務署を主体にその資産状況等の重点管理が行われてきました。更に超富裕層である個人やその支配下にある法人に付いては、大都市圏の国税局(東京・大阪・名古屋)がプロジェクトチームを作り、調査・管理体制 […]

Read more

相続税対策には自ずと節度が必要ではないか?-全国紙記事への疑問-

新聞や経済紙が、過熱気味とも言えるほど相続税対策記事で賑わっています。勿論、有用な記事が多いのですが、中には読者に無用の誤解を与えるのではと懸念される記事も少なくありません。先日某全国紙に、”にっぽんの負担”と題するシリ […]

Read more

都市再生計画の居住誘導区域線引きには要注意!

<都市における人口の急激な減少と高齢化を背景とする、改正都市再生特別措置法が、H26年8月に施行されました。マスコミ等で余り騒がれていませんが、実は既に200近い自治体が、これに基づく立地適正化計画の策定に取り掛かってい […]

Read more

個人型確定拠出年金の加入要件が大幅に緩和

予て注目されていた「確定拠出年金法等の改正案」が平成28年5月24日に成立しました。平成29年1月から、専業主婦や公務員そして一部のサラリーマンも個人型確定拠出年金に加入することが出来る様になります。NISA以上の節税効 […]

Read more