■ みなかみ紀行 草津温泉

Print Friendly

鳥打帽にお気に入りのマントを羽織り、尻っぱしょりの股引・脚絆姿で、さすらいの詩人若山牧水は沼津の自宅を出発し信州の佐久に向かいます。大正11年10月14日の早朝、名作「みなかみ紀行」の始まりです。旅の目的は、佐久新聞社主催の短歌会に出席のためでしたが、歌会終了後も彼を慕う同好の士が何人もその後の旅に付いてきます。

牧水の面目躍如たる逸話ですが、とにかく人に好まれる性格だった様です。淋しがりで、酒と旅と人間が好き、もちろん家族も大事にする。半世紀も離れた先人ですが、こう言った友が居ればと思うこと頻りです。

一行は嬬恋経由で草津温泉に向かいます。当時もバス便はありましたが、一歩間違えば谷底に転落すると言う険しい急坂で、随分と肝を冷やした様です。当時の草津は所謂湯治場ですが、隊長の号令下30秒刻みで熱湯に浸かる入浴法が採られ、皮膚が爛れるほどの苦行だったと言われています。

“たぎり湧く出湯のたぎり鎮めむと病人(やまうど)集い揉めりその湯を”

この時牧水が泊まった宿は、湯畑傍の一井旅館でした。現在もホテル一井として盛業しています。今回カミさんとの旅は残念ながら別の宿になりましたが、薄雪に覆われた初冬の草津は格別の風情でした。

関連記事: