■ みなかみ紀行 老神温泉

Print Friendly, PDF & Email

うだる様な暑さから解放され一気に秋めいた気候になりました。周五郎のヴァン(山本周五郎がお気に入りだった勝沼ワインで、多少甘口です)を飲みつつHP記事を乍書きして、終わったらさっさと早引けします。自営業の特権です。
「白玉の歯に染み透る秋の夜の、酒は静かに飲むべかりけり。(若山牧水)」

今回は鄙びた温泉のご紹介をします。関越道沼田ICを下り、日光ロマンチック街道を走ること30分、山中にその温泉は在ります。決してメジャーではありませんが、老神温泉と言います。昔々日光の神様と戦をして傷を負った赤城の神様が、偶々見つけたとの由来があります。片品川沿いの渓谷にあり、夏は絶好の避暑地ですが、冬はアクセスがちょっと大変そうです。近くに吹割の滝が有り、秋には紅葉が楽しめそうです。
今回のお宿は、牧水苑です。その名の通り歌人若山牧水ゆかりの宿で、「かみつけのとね乃郡代老神の、時雨ふる朝を別れゆくなり」と詠んだ短冊が残されています。
宿の周囲には騒がしい施設などありませんので、お気に入りの本など1-2冊持ち込み、まったりと時を過ごすのが上策です。湯は、単純硫化水素泉で、やや熱めです。総檜造りの内湯と野趣溢れる岩風呂があります。神経痛・リウマチ、美肌効果があると言われています。食事は、地元で捕れた岩名や山女の姿造りや赤城牛の鉄板焼きなどを出してくれます。

関連記事: