瀬戸内海・高松港

Print Friendly

瀬戸内海・高松港所用で四国に行って来ました。丁度お盆の時期だったので時間を遣り繰りして、女房殿と四国霊場68番札所神恵院・69番札所観音寺・75番札所善通寺に参詣しました。善通寺は、弘法大師(空海)生誕の地に建立された真言宗善通寺派の総本山で、四国随一の規模を誇る七堂伽藍が壮観です。

写真は高松駅に隣接する高層ホテルの部屋から瀬戸内海を撮ったもので、右手に見える屋根型の山が源平の古戦場跡がある屋島、その遥か沖合がオリーブと小説二十四の瞳で知られる小豆島です。

さて高松と言えば讃岐うどんが有名ですが、今回は隠れた名産品として羽根さぬき本舗の和三盆をご紹介します。砥ぎと呼ばれる古来製法により時間を掛けて作られる高級砂糖菓子で、宮内庁等にも納められています。

関連記事: