不動産取引

居住用と事業用に併用されている共有不動産を譲渡した場合の3千万特別控除の適用は?

今シーズンも共有不動産売却に伴う税務申告のご依頼が何件か有りました。親子で共有しているが親世帯(又は子世帯)だけが住んでいるケースとか、相続で兄弟が取得したが長期間空き家になっているケース等、3千万円特別控除の適用につい […]

Read more

住宅ローンなしでマイホームを取得等しても所得税額控除が受けられる場合がある

住宅の購入・新築・増改築・リフォーム工事をした場合には、先ず住宅ローン控除の適用が頭に浮かびます。ところが親から相続した古家を処分して新築マンションを購入した場合などは、住宅ローンを使わないことが少なく有りません。こうし […]

Read more

米国の不動産売却益に係る日本での確定申告と外国税額控除のやり方

友人(米国人)と共同所有するカリフォルニア州の不動産(非居住用)を売却しました。10年前に購入したものですが、米国不動産の高騰と円安ドル高の昂進でかなりの売却益が出ています。米国での課税ですが、非居住者のキャピタルゲイン […]

Read more

祖母が孫に時価ではなく相続税評価額でマンションを譲渡するとどうなるか?

私の母は自宅の他に幾つかの賃貸マンションを所有しています。高齢なので相続財産を減らしたいと思いますが、相続税評価額で私の長男にマンションを譲渡すると何か問題があるでしょうか?   結論から申し上げますと、お母様 […]

Read more

平成21年又は平成22年に取得した土地を平成28年以降に売却すると1千万円特別控除が受けられる

不動産市況が不冴えの頃に創設されたパッチワーク的な制度なので、ご存じない方も居られると思いますが、「平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1千万円特別控除」が平成27年の譲渡から適用開始になりました。特 […]

Read more

上海に所有する居住用マンションの売却益は中国・日本の何れで申告する方が有利か?

  上海のマンションを近々売却することになりました。現在日本に住民票はありません。しかしこの売却で帰国する予定です。それで住民票を復活させることになりますが、所得税納付は売却時点(売買契約書の日付)で日本に居住 […]

Read more

相続しても空き家になる実家は親の生前中に売却した方が有利

人口の減少や核家族化に伴い、空き家問題が深刻化しつつあります。これは地方に限らず都市部でも同様です。2014年11月に空き家対策法(空き家等対策に関する特別措置法)が制定されました。中味は、行政府による立入調査権や特定空 […]

Read more

店舗併用住宅のリフォームに係る住宅ローン控除を失念した方からのご相談

美容院を営む自営業者です。店舗兼自宅が老朽化したので耐震補強を目的に、平成25年に大規模リフォーム工事を実施しました。費用は7百万円で、内5百万円は銀行ローンを利用しています。平成25年と26年の確定申告は期限内に済ませ […]

Read more

サブリース(一括借上げ)会社設立による不動産賃貸事業の法人化

個人のマンションやオフィス賃貸事業の法人化には、不動産管理会社や不動産所有会社の形態が多く用いられてきました。ただ何れも一長一短があり、特に前者については法人の組織や経営の実態、役員報酬の妥当性等が税務で問題とされること […]

Read more

自宅不動産の含み損失を取り戻す目的で所得金額が多い在職中に住み替えるメリットは?

90年代以降にお家を買われた方は、残念ながら過半が含み損を抱えて居られると思います。一方、昨今の節税ブームで、”住宅ローンが残っていれば居住用不動産の売却損を給与所得その他から控除出来る” と言う […]

Read more