不動産取引

住宅ローンなしでマイホームを取得しても特別税額控除の適用が受けられる場合がある

住宅の購入・新築・増改築・リフォーム工事をした場合には、先ず住宅ローン控除の適用が頭に浮かびます。ところが親から相続した古家を処分して新築マンションを購入した場合などは、住宅ローンを使わないことが少なく有りません。こうし […]

Read more

平成21年又は平成22年に取得した土地を譲渡すると1千万円特別控除が受けられる

不動産市況が不冴えの頃に創設されたパッチワーク的な制度なので、ご存じない方も居られると思いますが、「平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1千万円特別控除」が平成27年の譲渡から適用開始になりました。特 […]

Read more

相続しても空き家になる実家は親の生前中に売却した方が有利

人口の減少や核家族化に伴い、空き家問題が深刻化しつつあります。これは地方に限らず都市部でも同様です。2014年11月に空き家対策法(空き家等対策に関する特別措置法)が制定されました。中味は、行政府による立入調査権や特定空 […]

Read more

リバースモーゲージローンを利用すると小規模宅地等の特例が受けられないとの誤解

リバースモーゲージの認知度が広まり、都銀大手を始めとする取扱金融機関の数が増えている様です。老後資金の確保には、居住用不動産の収益化や流動化が不可欠と常々説いている立場からは、大変結構なことだと思いますが、一方で制度の仕 […]

Read more

取得費が分からない不動産を売却して何も対策を講じないと、殆んど譲渡利益として課税される

“取得費不明の不動産の譲渡所得?それなら簡単。概算取得費控除の規定を使って、売却価額の5%を取得費とし、これに仲介手数料や境界確定に要する測量費等の譲渡費用を出せば直ぐに計算できる”と言う論旨明快な税理士さんが殆どかも知 […]

Read more

居住用財産の譲渡(買換え)をする場合は、必ず5つの優遇制度をチエックすること

居住用不動産の譲渡所得については、各種の優遇措置が有るため正しく申告するのは結構大変ですが、今回はこれだけ知っていれば大きく方向性を間違うことがないと言う5つのポイントに絞り簡潔にご説明します。 売却益が出た場合の優遇措 […]

Read more

空き家を相続してもその後どうしますか?

総務省統計局が平成25年住宅・土地統計調査を公表し話題になっています。取分け、総住宅数に占める空き家の比率が増え続けており、全国平均では13.5%と過去最高に達したとのニュースは衝撃的でした。過疎化が顕著な四国では、何れ […]

Read more

リバースモーゲージローンの利用を検討されている方からのご相談

リバースモーゲージローンに関する新聞記事などを良く目にします。自宅を担保に老後の生活資金を融資する仕組みとのことなので選択肢の一つとして検討したいと思います。ただ商品説明書をみると、中途で返済しなければならないリスクが有 […]

Read more