■ 千葉県 袖ヶ浦カンツリークラブ

Print Friendly

KC460093

大寒の日、袖ヶ浦ccにお邪魔しました。まだ薄暗い中、イソイソ出掛ける親父に、“この時期に税理士が仕事を放ったらかしてヨウやるわ”と嫁さんは些か呆れ顔でありましたが。

袖ヶ浦ccは、千葉市郊外の丘陵地帯に広がる難易度の高いチャンピオンコースで、ブリジストンオープンやニチレイレデイースが開催されます。テレビ中継でご覧になった方も多いと思いますが、松林の緑にクラブハウスの白いカーテンウォールが映える、高級感が漂う美しいコースです。

今回は、大栄CCのメンバーでもある長老格Aさんのご発案で、何時もの面子による場替での一戦となりました。立ち上がりこそ順調でしたが、駄馬の何とかで、終われば全員100オーバーと言う惨事になりました。

Aさんは間もなく傘寿を迎えられる、現役バリバリの社長さんです。自然体で気配りが出来る温厚な紳士で、何時も美人の奥様とクラブ競技に参加されます。帰りはスコアの悪い方が、ハンドルを握るルールだとか。
琴瑟(きんしつ)相和と言う表現がぴったりの、仲睦まじいご夫婦です。若い時に脱サラで起業され、幾度か大病にも患われた由で、そうした御苦労が現在のお人柄に繫がっているのでしょうか。
こう言った方々と仕事を離れて時間を共有できるのが、クラブライフの魅力です

関連記事: